ランキング

【おすすめ回】ビッグバンセオリー:シーズン2のランキングTOP5

海外ドラマ「ビッグバンセオリー」ロゴタイトル

こんな方々のために書きました

  • ビッグバン★セオリー大好き
  • シーズン2のおすすめ回が知りたい
  • 高評価のエピソードを知りたい

Hey Guys!デラ(@DeraDrama)です。

4人のオタクと1人の美女が織り成す大人気海外コメディドラマ「ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則」(以下ビッグバンセオリー)。

シーズン12まで続く大ヒットシリーズ。その分エピソード数も多いのが特徴です。そのエピソードの中で視聴者に人気だった回、評価が高かった回はいったいどの回でしょうか?

ということで今回は、海外ドラマ「ビッグバンセオリー」のシーズン2で、海外のデータベースサイト「IMDB」にて高評価を得た人気エピソードをランキング形式ご紹介します!

IMDBはコチラから(外部リンク)

まだまだ序盤であるシーズン2。もう一度見たい神回がたくさんあります!ぜひ最後までご覧ください。

なおシーズン1の高評価エピソードが知りたい方はこちらの記事をご覧ください↓

海外ドラマ「ビッグバンセオリー」ロゴタイトル
【神回】ドラマ「ビッグバンセオリー」シーズン1のおすすめ回5選人気コメディドラマ「ビッグバンセオリー」シーズン1のおもしろいおすすめ回をランキング形式で紹介します!1位に選ばれるのはどのエピソードでしょうか?海外ドラマファン必見!...

シーズン2のおすすめ回TOP5

海外ドラマ「ビッグバンセオリー」ラージ© CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved

※以降はシーズン2のネタバレ含みます。ご注意ください。
※IMDBの評価はこの記事掲載当時のスコアです。同スコアの場合はレビューの多いほうが上位として掲載しています。

5位:第21話「失恋とベガス旅行の法則」

レズリーに振られてしまったハワードを励ますためにレナードとラージはラスベガスに連れていくことに。

しかし2人ではハワードを励ますことができないと感じ、プロフェッショナルの力を借りることにします。

その頃一人で過ごせる週末にウキウキのシェルドンでしたが、あろうことか鍵を無くしてしまい入れなくなってしまいます。

なのでペニーと過ごすことになりますが…結局いろいろと問題が。

エピソードシーズン2 第21話
原題The Vegas Renormalization
IMDBの評価8.6(最大10)

4位:第7話「オタク青年と対決するための法則」

この回は2つのストーリーラインがあります。1つはペニー対シェルドンの戦い。2つ目はラージとハワードの「モデルの家を探し出す」というものです。

勝手にシェルドンの食事に触ったペニーは家を追い出されてしまいます。それに腹を立てたペニーはシェルドンと全面抗争状態に。

これ以上見ていられないレナードはペニーに救いの手を差し伸べます。

そしてモデル女性たちが競い合うオーディション番組を見ていたハワードとラージは持ち前の頭脳とモデルたちに会いたい気持ちをフルに活用し、見事家を探し当てます。

高い頭脳を無駄ずかいするという…とてもビッグバンセオリーらしい回です。

ハワードとラージがモデルの家に行った際にドアを開けた2人の女性は、実際にオーディション番組「アメリカントップアイドル」に出演していた2人です。

エピソードシーズン2 第7話
原題The Panty Piñata Polarization
IMDBの評価8.7(最大10)

3位:第3話「ペニーとネトゲ廃人の法則」

3位はペニーがオンラインゲームにはまってしまうエピソード。

女優の仕事もうまくいかずチーズケーキファクトリーでの仕事もうまくいかず…すべてが嫌になったペニーでしたが、そんな時にたまたまシェルドンのプレイしていたゲームをやってみることに。

それにより夜も寝ずにプレイするようになり、さらにはシェルドンの生活に支障をきたすほどになってしまいます。そこでシェルドンはペニーにゲームを止めてもらうように色々行動しますが…

結局ペニーがゲームをやめるきっかけを作ったのは、ハワードでした。

エピソードシーズン2 第3話
原題The Barbarian Sublimation
IMDBの評価8.8(最大10)

2位:第15話「母と息子の友達の法則」

2位はレナードのお母さん初登場の回でした。

レナードのお母さんビバリーはアメリカの女優の”クリスティーン・バランスキー”です。

ビバリーは心理学者として世界的にも有名で、そのせいであまり良い子供時代を送ってこれなかったレナード。その距離感は大人になっても変わらず…そしてビバリーの心理分析によりいつものメンバーも心を見透かされてします。

大人になり良い関係を築こうとするレナードですが、シェルドンのほうが気が合ってしまい…

変わり者同士のシェルドンとビバリーのカラオケシーンは必見です。

クリスティーン・バランスキーはこの役で「エミー賞」にノミネートされました。

エピソードシーズン2 第15話
原題The Maternal Capacitance
IMDBの評価8.9(最大10)

1位:第11話「クリスマス・プレゼント選びの法則」

シーズン2で最も評価が高かった回はクリスマスエピソードでした!

これはドラマを見た方ならきっと納得してしまいますね。スコアも脅威の9.2!

プレゼント、という習慣がとても嫌いなシェルドン。しかしペニーからプレゼントをあげると言われ「どんなものに対しても相応のものを返せるように準備」をしますが…

ペニーがくれたのはシェルドンが崇拝するスタートレックのスポック役の俳優”レナード・ニモイ”の使ったナプキン!しかも名前とサイン入り!

最高のプレゼントをもらったシェルドンのお返しは…普段のシェルドンなら絶対しないことでした!レナードも「クリスマスの奇跡だ」と言っちゃうほど。

なお、このレナード・ニモイのサインは本人の直筆サインです。

エピソードシーズン2 第11話
原題The Bath Item Gift Hypothesis
IMDBの評価9.2(最大10)

まとめ

海外ドラマ「ビッグバンセオリー」ハワード© CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved

いかがでしたか?海外のデータベースサイト「IMDB」にて高評価を得たシーズン2の人気エピソードのランキングでした!

シーズン2はシーズン1よりも各キャラの個性が強くなり、全ての回が当たりと言えるほどのおもしろさです。

他にもビッグバンセオリーについて知りたい方は、是非関連記事もご覧ください!

ABOUT ME
dera / デラ
海外ドラマも大好きだけど、キテレツ大百科も大好き。