ドラマ

イライラ!ドラマ『ボッシュ』シーズン1で登場したムカつく5人

アマゾンプライムオリジナル”ボッシュ”のシーズン1に出てきた「ムカつくキャラBEST5」をネタバレありでご紹介します。

ロサンゼルス市警の刑事”ハリー・ボッシュ”が凶悪犯罪に挑む超本格的な刑事ドラマ、ボッシュ(原題:BOSCH)ってご存知ですか?

↓英語版ですが予告です↓

原作はアメリカの作家マイクル・コナリーによるハードボイルド小説。「ハリー・ボッシュ」シリーズは累計で5000万部も売り上げたほど!

そしてドラマ。

シーズン1すごく面白いんですが、なぜかって出てくるやつがみんな「ムカつくやつ」なんですよね。

まずは、そんな「ムカついた人々」5人を紹介します。

ムカつくやつらベスト5

©︎ Amazon Studios

これ以降はシーズン1のネタバレを含みます!

ボッシュ事件の弁護士

びっくりするほどムカつきます。もう「嫌がらせをするために生まれてきたんか、お前」って顔してますし。

事件とは関係ない「母親の死」を持ち出して詰め寄った挙句、裁判官に怒られたら『撤回します』…

それが許されるなら、こんなことになっちゃうでしょう。

『くそが!』『ボケ!』『お前なんか犯罪者だ!』

「本件とは関係ないでしょ!」

『撤回します』

…『くそが!』『ボケ!』『お前なんか…(ループ)

そう考えると、法廷ってかなり不公平と言いますか…怒らせるようなこと言って怒ったら怒った人が悪い、みたいな…

上司のパウンズ

何かとあれば突っかかってきて、結果ドラマの中では1つも結果を出せてない。

最後はボッシュを挑発しガラスに突き飛ばされて『手を出したな!これでお前も終わりだ!』的な。その後ボッシュは謹慎に…でもスッキリ。

どこにでもいる無能な上司、パウンズさんでした。

被害者の姉

確かに彼女の身の上はかなり悲惨でした。親からの性的な虐待。ま、そりゃ悪いのは親なんですが。

だからって弟を虐待って…ねぇ。

最後は家族3人の葬儀が行われましたが、そこで事件を解決したボッシュに『電話しなきゃよかったわ』なんて。

彼女からしたら辛い過去を思い出したくなかった、というのもあるかもしれませんが…

弟を虐待って…ねぇ。

オシェイ

まさに権力に溺れたダサいやつ。

犯人の現場検証立会いに自分も来て、めちゃ偉そうにして…あれでみんなが『オシェイさん、さすが!投票しちゃうっ!』ってなると思っているのか?

まあなんにしても政治に絡むキャラは皆「嫌なキャラ」と相場が決まっているので。これは仕方のないことかもですが…

あんときバックアップを取っていたカメラマン。Nice Work !! Good Job !!

新米警官のジュリア

こいつ…わたし、キライ。

この女は本当自分勝手だし、すぐに怒るし、自分の力量わかってないし…ましてや嘘までついちゃう。

ボッシュがなぜ彼女に惹かれたかは全くもって分かりませんが、最終的に別れてくれたようでよかった。(ほっ)

しかしこの女のおかげでボッシュが正義に生きてることを証明したことにもなるのでね!

彼女を優先せずに「正しいこと」を優先したボッシュに好感度アップです。


まとめ

©︎ Amazon Studios

「ボッシュ」のシーズン1に登場したムカつく人々。まとめるとこんな感じです。

  • ムカつくやつは自分勝手なやつが多い

でも逆に言えばすごくリアルなんですよね。『あーこうゆう人いそうだなぁ』という感じ。そのリアルさがよりドラマの本格さを際立たせてくれちゃうわけで。

そして何より。

嫌なキャラに対して、ボッシュが普通にキレちゃうところもいい。完璧ではない、人間味を見せてくれるのもいい。

最後に、『誰が一番ムカついたか?』…

弁護士です。

『ボッシュ』シーズン1のレビュー感想をネタバレありでご紹介アマゾンプライムオリジナル”ボッシュ”のシーズン1のレビュー感想をネタバレありでご紹介します。 ロサンゼルス市警の刑事”ハリー・ボ...