ランキング

『グリー』シーズン1のベストパフォーマンストップ10

海外ドラマ “グリー”(glee)シーズン1の中で私の好きなパフォーマンスをランキングしました。

デラ(@DeraDrama)です。

世界はもちろん、日本でも大人気になった青春ドラマ「グリー」!

合唱部(グリークラブ)を中心に、よくある問題や、時には社会的に問題になっていることなど、様々な問題を取り扱うミュージック・コメディ・ドラマ。

ということで今回は、私が勝手に選ぶ”glee”シーズン1のパフォーマンスのデラ的トップ10を順にご紹介します!

パフォーマンスランキング

第10位

Loser

ライバル高校の車にイタズラしたために弁償する羽目になったフィンとパック。シュー先生の前妻であるテリが働いている雑貨店で働きます。

気怠く働く2人の気持ちを表すような曲ですが、それに合わせて店全体でみんなが歌っているのが可愛く印象的。

曲名Loser
歌手名Beck
パフォーマーフィン&パック
登場回シーズン1エピソード21

第9位

Rose’s Turn

自分の本当の姿と、父親にとっての理想の息子の姿に悩むカート。自分を偽って生きることより、自分の本当の姿を堂々と生きていきと決めたカートの気持ちを表したパフォーマンス。

自分の気持ちを吐き出してイキイキと歌う姿に圧倒される一曲。

曲名Rose’s Turn
歌手名Gypsy: A Musical Fable
パフォーマーカート
登場回シーズン1エピソード17

第8位

Total Eclipse of the Heart

自分勝手なレイチェルに愛想をつかすフィン、パック、ジェシーの3人。それによって3人はレイチェルから離れていってしまいます。

その心の寂しさと、後悔を歌で表すレイチェル。圧倒的な歌唱力と、それに合わせてバレリーナの姿で踊る素晴らしいパフォーマンス。

曲名Total Eclipse of the Heart
歌手名Bonnie Tyler
パフォーマーレイチェル
登場回シーズン1エピソード17

第7位

Run Joey Run

レイチェル製作によるショートムービー。彼氏役に3人の男性を使ったことで、みんなから非難され、離れていってしまいます。そんなことも考えずレイチェルの自己満演技が光るパフォーマンス。

パックの演技とサンタナとブリトニーの天使姿。そしてレイチェルの最後のウィンクがいい味出しています。

曲名Run Joey Run
歌手名David Geddes
パフォーマーレイチェル、フィン、ジェシー&パック
登場回シーズン1エピソード17

第6位

Single Ladies

踊ることでチームの団結力をつける作戦。ゲーム終了まじかでダンスをし得点を獲得。さらにカートのキックで逆転勝利しました。

ダンスを踊るフィンたちを見て恥ずかしがるクインが可愛く、カートがゴールを決めた後のお父さんの興奮の仕方がすごくいいです。

曲名Single Ladies (Put a Ring on It)
歌手名Beyoncé
パフォーマーカート&マッキンリー高校アメフト部
登場回シーズン1エピソード4

第5位

My Life Would Suck Without You

地区大会で優勝し、その喜びを歌ったニューディレクションズのパフォーマンス。

メンバーの楽しそうに歌う姿と、彼女の元に走るシュー先生。これぞグリー!と呼べるような愛にあふれたパフォーマンスです。

曲名My Life Would Suck Without You
歌手名Kelly Clarkson
パフォーマーニューディレクションズ
登場回シーズン1エピソード13

第4位

Jump

マットレス店のCMに出演したニューディレクションズ。彼らの得意とする歌とダンスで素晴らしいCMができました。

各キャラクターがはしゃぎまわるエネルギッシュなパフォーマンス。「パッ!パッ!」に合わせてマットレスから顔を出すみんながすごくカワイイ。

曲名Jump
歌手名Van Halen
パフォーマーニューディレクションズ
登場回シーズン1エピソード12

第3位

Halo/Walking on Sunshine

男女対抗のチーム戦を行ったグリークラブ。男性チームもよかったですが、女性チームのパフォーマンスが素晴らしい。

明るさとダンスの激しさを混ぜながら、それでいて女の子らしい可愛さとエレガントさもある。衣装の色も曲に合っていて、課題だけにしてはもったいない。コンテストに出してもおかしくないパフォーマンス。

曲名Halo/Walking on Sunshine
歌手名Beyoncé / Katrina and the Waves
パフォーマーニューディレクションズ(女の子)
登場回シーズン1エピソード6

第2位

To Sir, with Love

州大会でボーカルアドレナリンに敗れ、廃部が決まったグリークラブ。勝負には負けてしまったが、一緒にやってきた感謝を込めてシュー先生に歌います。

泣きながら歌うメンバーと、それを泣きながら聞くシュー先生。そしてそれを見てある決意をするスー先生。

見ているこっちの涙も止まらなくなる感動的なパフォーマンス。

曲名To Sir, with Love
歌手名Lulu
パフォーマーニューディレクションズ
登場回シーズン1エピソード22

第1位

Don’t Stop Believin’

グリーといえばこの曲。記念すべき第1話でグリークラブが本格的に誕生する瞬間です。

衣装もステージ演出もメンバーもまだまだ地味で全然整ってないですが、それでも「ここからスタート」を感じることができるパフォーマンス。

そして今後重要となるチアリーディング部とパックがこっそり見ているのもいい。

曲名Don’t Stop Believin’
歌手名Journey
パフォーマーレイチェル、フィン、カート、メルセデス、アーティ&ティナ
登場回シーズン1エピソード1

まとめ

いかがでしたか?

シーズン1とあり、初期メンバーがすごく輝いていた印象です。特にカートは初々しさが全面にでてて可愛いですね。

完璧に私の好みですが、同じような感想を持った方がいたら是非一緒にグリーを見て楽しみたいです🤗

『グリー』シーズン2のベストパフォーマンストップ10 海外ドラマ "グリー"(glee)シーズン2の中で私の好きなパフォーマンスをランキングしました。 デラ(@DeraDr...