ランキング

【ベスト5】glee/グリー|シーズン2の高評価エピソードランキング

Hey Guys!海外ドラマにハマり続けて20年。デラ(@DeraDrama)です!

海外ドラマ「glee/グリー」のファンの皆様、シーズン2のなかで高い評価を得たのはどのエピソードだったのか、気になったことはありませんか?

  • シーズン2のおすすめエピソードが知りたい
  • その中の一押しパフォーマンスも知りたい
  • 何よりglee/グリーの大ファン

今回は、海外のデータベースサイト「IMDb」にて高評価を得た人気エピソードをランキング形式ご紹介します!

IMDbはコチラから(外部リンク)

この記事を読めば、グリーのシーズン2で高評価を受けたエピソードとその回のベストパフォーマンスを知ることができます!さぁ、グリーの世界へ行きましょう!

人気エピソードTOP5

以降は一部ネタバレ含みます。ご注意ください。

5位:ボーン・ディス・ウェイ

みんなでダンスの練習中、アクシデントでフィンの肘がレイチェルの鼻にぶつかってしまいます。レイチェルはその治療に言った際、「整形したらどうか?」と勧められます。

中学生や高校生の時は、きっと誰もが一度は考える「美容整形」。特に若いころはみなコンプレックスがあり、それが自身の人気などに直結するため、強い関心があるのは当然。

特にレイチェルの場合、恋のライバルである”クイン”が凄く美人なため憧れもあって、より強く整形のことを考えますが…

そんなコンプレックスがテーマのこの回の、ベストパフォーマンスと言えばこれでしょう。タイトルにもなっているLady Gagaの“Born This Way”

みなそれぞれのコンプレックスをTシャツに書き、「それでも自分は自分」ということを大切にしようとします。これは日本のような同調圧力の強い国こそ見習いたい姿勢です。

俺も高校生ぐらいの時にこのドラマに出会いたかったよ…!

エピソードシーズン2 第18話
原題Born This Way
IMDbの評価8.8(最大10)

4位:アルコール狂想曲

レイチェルの家でホームパーティをするグリーメンバーたち。たくさんの酒を飲んで、酔っ払い、その状態でパフォーマンスをしてしまいます。

この回のテーマは「未成年の飲酒」。海外でももちろん違法ですが、明らかに日本よりもハードルは低いようです。何せ「迎え酒」とか言って学校の廊下で飲んじゃってますから…

この回ではお酒(アルコール)がどのくらい人間を変えてしまうか、というのを示している回。内容的には道徳の授業みたいですが、それよりもキスとかしまくってるアメリカの高校生見て、『なんかすげーな…』となる回です。

そんな「お酒はだめよ!」の回の、ベストパフォーマンスはこちら。The Human Leagueの“Don’t You Want Me”

酔ったレイチェルとブレインのデュエット。ブリトニーが全校生徒の前で盛大にやらかしたパフォーマンスも面白かったですが、さすがに…ね。

エピソードシーズン2 第14話
原題Blame It On The Alcohol
IMDbの評価8.8(最大10)

3位:グリー式ハッピーウエディング

カートの父親とフィンの母親の結婚式。つまりウェディングエピソード。グリークラブが2人のためにパフォーマンスを披露します。

この回でフィンとカートが親戚になることに。最初はゲイを隠してフィンに恋心を持っていたカート。そのせいでフィンとけんかをし、フィンもカートに対してひどい言葉を言ってしまいますが。

そんなフィンが自分を見つめなおして、自分からカートをダンスに誘う。前だったら『男同士でそんなことできない』って言っていたのに。だからこそ、この時のダンスが感動的過ぎました。

ということで、今回はいわゆる神回だったので2曲をご紹介。まずはみんながウェディングロードで披露したBruno Marsの“Marry You”

そしてもう一曲が、フィンがカートをダンスに誘った同じくBruno Marsの“Just The Way You Are”

なお、この回の原題は”Furt”。これはフィン(Finn)とカート(Kurt)を合わせた造語です。

これをフィンがスピーチの時に言った際、笑いが起きたのは英語のおならが”Fart”という単語で読み方が同じだったため、なんですね。

エピソードシーズン2 第8話
原題Furt
IMDbの評価8.9(最大10)

2位:初めてのキス

この回は良いことと嫌なことが詰まったエピソード。タイトル通りこの回では2人のキャラクターにとって初めてのキスを体験することに。

そのうちの一人はカート。今までキスをしたことなかった彼が、イジメられていた相手からキスをされてしまいます。もちろんカートにとっては嫌なこと。

いじめもエスカレートしていたため、彼はライバル校である男子校のダルトン・アカデミーにスパイしに行くことに。そこで彼にとって最良の出会いが待っていました。

後にメインキャラになる”ブレイン・アンダーソン”の初登場回。彼がカートの手を握り廊下を駆けていくシーンは、グリーファンなら名シーンの1つとして挙げる人も多いはず。(私ですね)

ということでこの回のベストパフォーマンスはKaty Perryの“Teenage Dream”

こんなもん『惚れてまうやろ!』の見本みたいな出会いとパフォーマンスです。

エピソードシーズン2 第6話
原題Never Been Kissed
IMDbの評価8.9(最大10)

1位:目指せ! 悲願の初優勝

州大会に臨むニューディレクションズ。しかもオリジナルソングで戦うことに。

フィンとの恋を諦められないレイチェルは、彼と付き合ってるクインからとけんかをした後、悲しさから“Get It Right”という曲を完成させます。

そしてもう1曲。どんなにいじめられても、虐げられても、必ず負けない!という気持ちを込めたグリークラブを象徴する曲”Loser Like Me”を完成させました。

なんだかんだこの曲ができたきっかけは、スー先生に色々苦しめられた結果…そう考えるとスー先生の嫌がらせも彼らにとって無くてはならないものだった、ということでしょう。

ということでこの回のベストパフォーマンスは、“Loser Like Me”

今までの1つの集大成となるエピソード。この回がシーズン2で最も高い評価を受けたというのも当然でしょう。

エピソードシーズン2 第16話
原題Original Song
IMDbの評価9.1(最大10)

まとめ

以上、海外のデータベースサイト「IMDb」にて人気を得たシーズン2のエピソードランキングでした!最後にベスト3をおさらいしてみましょう。

人気エピソードTOP3
  1. 目指せ! 悲願の初優勝(9.1点)
  2. 初めてのキス(8.9点)
  3. グリー式ハッピーウエディング(8.9点)

シーズン2はカートのいじめ問題もあってあまり気分よく見れない回も多いですが、それよりも各キャラの個性が大きくなってきて全体的により楽しめるシーズン。

そんなシーズン2のベストパフォーマンスランキングもあります。お時間ある方は是非ご覧ください!

『glee/グリー』シーズン2のベストパフォーマンストップ10 海外ドラマ "グリー"(glee)シーズン2の中で私の好きなパフォーマンスをランキングしました。 デラ(@DeraDr...