ランキング

『glee/グリー』シーズン3のベストパフォーマンストップ10

海外ドラマ “グリー”(glee)シーズン3の中で私の好きなパフォーマンスをランキングしました。

デラ(@DeraDrama)です。

世界はもちろん、日本でも大人気になった青春ドラマ「グリー」!

高校の負け犬と呼ばれる合唱部(グリークラブ)のメンバーが若者らしい悩みや問題に素晴らしいパフォーマンスで立ち向かうミュージック・コメディ・ドラマ。

ということで今回は、私が勝手に選ぶ”glee”シーズン3のパフォーマンスのトップ10を順にご紹介します!

パフォーマンスランキング

第10位


“You Can’t Stop the Beat”

今年こそは全国制覇を!と意気込むマッキンリー高校のニューディレクションズ。

レイチェルのバラードから一気にテンポアップしていくのが特徴のこの曲。激しいダンスとみんながそれぞれ歌う構成が最高に楽しい気持ちにさせてくれます。歌い終わった後の自然にこぼれる笑顔が、この曲の良さを物語っているよう。

メインキャラたちの最後の高校生活であるシーズン3。その1話目を飾るにふさわしい、彼ららしいパフォーマンス。

曲名“You Can’t Stop the Beat”
歌手名Halestorm
パフォーマーレイチェルwith ニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード1

第9位


“Not the Boy Next Door”

NYADAの入学試験の際にカートが行ったパフォーマンス。本番の直前で急遽変えるという大胆なチョイスで試験官のカルメン(ウーピー・ゴールドバーグ)も褒めたたえた。

カートらしさが詰まった煌びやかで繊細なパフォーマンス。見ているこっちが笑顔になってしまうほど、楽しそうに歌うカートにただただ嬉しい。そして褒められて嬉しそうに帰っていくカートも可愛いです。

結果として、このパフォーマンスでNYADAの入学試験には落ちてしまったが、3年間の濃い高校生活を経たカートの珠玉の一曲。

曲名“Not the Boy Next Door”
歌手名The Boy from Oz
パフォーマーカートwiht ティナ、ブリトニー、メルセデス
登場回シーズン3エピソード18

第8位


“Summer Nights”

青春映画であり有名なミュージカル映画といえば、グリース。グリースが公開されたのは1978年。今から40年以上も前にこんなパフォーマンスをしていたなんて、ただただ驚き。

その中でも代表的な曲、”Summer Nights”を映画の構成と全く同じで再現。ジョン・トラボルタ役はサム、オリビア・ニュートンジョン役はメルセデス。それ以外のキャラクターたちも他のメンバーで再現されている。

グリースを見たことある人、そしてグリースが好きな人には2度楽しいパフォーマンス。

曲名“Summer Nights”
歌手名Grease
パフォーマーサム&メルセデスwithニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード10

第7位


“We Found Love”

エマ先生にプロポーズをするシュー先生。その方法は歌とシンクロのコラボパフォーマンス。あんなプロポーズはなかなかお目にかかれません。

見事にそろったシンクロと歌。そしてみんなが水着で泳ぐところは新鮮です。そして男性メンバーが最初に飛び込んでいくシーン。特に車いすごとダイブしたアーティが最高でした。

そしてこのパフォーマンスの前に花を1輪ずつ渡されたエマ先生。その時にいつもは文句言っているスー先生も笑顔で渡してくれるところは、こちらも絶対に笑顔になってしまうシーン。

曲名“We Found Love”
歌手名Rihanna feat. Calvin Harris
パフォーマーレイチェル&サンタナwithニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード10

第6位


“Big Girls Don’t Cry”

大切なNYADAのテストで大失敗をしてしまったレイチェル。ひどく落ち込み悲しむ彼女が歌い出したところに、カートとブレインが現れ一緒に歌います。

何も言わず歌で元気付ける2人はまさにglee/グリーというドラマを体現しているかのよう。今までもこのように友達を歌で勇気付けるシーンは多く出てきました。その中でもこのシーンがベストだと思います。

何日も寝れないほどの落ち込みようだったレイチェル。そのレイチェルに言葉ではなく歌で励ます感動的なシーン。レイチェルの心も少しは晴れたはず。

曲名“Big Girls Don’t Cry”
歌手名Fergie
パフォーマーレイチェル、カート、ブレイン
登場回シーズン3エピソード19

第5位


“We Got the Beat”

新しい部員を見つけるためにシュー先生から課せられたピアノプロジェクト。「ピアノがあったら歌う」ということでグリークラブのメンバーが歌ったのは食堂。

テーブルの上に登り、ノリノリでダンスをしまくるメンバーと、それを迷惑そうな顔で見る他の生徒たち…曲が終わり達成感いっぱいのメンバーと不満が爆発した生徒たちの間で起きたのが、フードファイト!

食べ物を粗末にするな、という声が聞こえてきそうですが、正直楽しそうだと思った人、いますよね?

曲名“We Got the Beat”
歌手名The Go-Gos
パフォーマーレイチェル、サンタナ、ブリトニーwithニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード1

第4位


“Glad You Came”

州大会でライバルのウォーブラーズが歌った曲。率いるのはニューディレクションズに対し色々敵対していたセバスチャン。

しかしカロフスキーの自殺未遂があり、心を入れ替え正々堂々と改心したセバスチャン。その一致団結したパフォーマンスは見事の一言。

揃ったダンスと楽しそうに歌うメンバーの表情。ブレインがいた頃のウォーブラーズを思い出させるような「これぞウォーブラーズ」と言えるパフォーマンス。

曲名“Glad You Came”
歌手名The Wanted
パフォーマーウォーブラーズ
登場回シーズン3エピソード14

第3位


“Smooth Criminal”

ブレインの目に怪我をさせ、その方法を聞き出すために敵地に向かったサンタナ。そこで行われたセバスチャンとサンタナのパフォーマンス。

サンタナの声とセバスチャンの声、そして歌われているマイケル・ジャクソンの名曲…glee/グリーの中でトップクラスでカッコ良いと言えるパフォーマンスでしょう。

さらにこの時にチェロを弾いている2人の男性。これは”2CELLOS”という世界的に有名な2人組。つまりいってみたら4人のセッションということ。これはもうカッコいいのも当然です。

”2CELLOS”はクロアチアの二人組チェリスト。”Smooth Criminal”を演奏した映像をYouTubeで公開したことで、発掘された。

曲名“Smooth Criminal”
歌手名Michael Jackson
パフォーマーセバスチャン&サンタナwith 2cellos
登場回シーズン3エピソード11

第2位

“Hit Me with Your Best Shot” / “One Way or Another”

ひょんなことから戦うことになったニューディレクションズとトラブルトーン。その方法はなんとドッジボール。

まずは曲のマッシュアップの良さ。フィンとサンタナの声の相性といい、まるでちゃんとした一つの曲のよう。そして何よりもいいのがこのパフォーマンス。ドッジボールという誰もが学生の時に経験したであろう「THE青春」とも呼べる球技で戦う彼らに見ていてほのぼのした方も多いはず。

日本のドッジボールでは基本ボールは1つですが、こちらはたくさんのボールをみんなが投げ合うスタイル。そして人がぴょんぴょん飛びまくる派手なパフォーマンスは見ていて楽しくならない訳がありません。

顔面にぶつかる時のみんなの表情もいい。

曲名“Hit Me with Your Best Shot” / “One Way or Another”
歌手名Pat Benatar / Blondie
パフォーマーサンタナ&フィンwithニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード6

第1位


“Paradise by the Dashboard Light”

レイチェルやフィンたちにとって最後の大会となった全国大会でのラストパフォーマンス。

メインボーカルを務めたフィンの歌はまさに圧巻。魂を込めて熱く歌うフィンと、そこに合わせるレイチェル。そしてその2人と共に最高のダンスやコーラスを見せるチームメイトたち。

アップダウンのあるこの曲の特徴的な構成。ステージいっぱいを元気に駆け回り、曲に合わせた明るい表情で歌い上げたニューディレクションズ。見ているこっちも体を動かさずにはいられないほど楽しさが伝わってくる。

そして何より、パック、カート&ブレイン、サンタナ&ブリトニーそれぞれの歌うシーンがあり、まさに「グリー最後の集大成」。観客を沸かし、メンバー自身も最大限に楽しみながらのパフォーマンスはただただ感動の一言。

また、ショーに厳しいNYADAのカルメンも途中から笑顔になっているところ、そして最後の歓声から彼女も納得のパフォーマンスだったとわかる。

学校あげての応援もあり、ドラマを通して代表的な先生たちであったシュー先生、エマ先生、コーチビースト、そしてスー先生たちのハイタッチも非常に感動的。

私にとってグリー全シーズンを通して一番好きなパフォーマンス。何度も泣かされました。

曲名“Paradise by the Dashboard Light”
歌手名Meat Loaf
パフォーマーニューディレクションズ
登場回シーズン3エピソード21

まとめ

いかがでしたか?好きなパフォーマンスはありましたか?

シーズン3はグリーの中でもベストシーズン。今回トップ10のために候補に挙がったパフォーマンスが40曲もありました。他にも紹介したい曲ばかりでしたが、私的のトップ10はコチラの曲です。

やはりバラードが少な目で自分の好みが偏っているのがわかります。

シーズン4になると今までのグリーとは大きく変わってしまいます。そのため、シーズン3が一番っていう方も多いようです。ちなみに私もシーズン3が一番好きですね🤗

ドラマ『glee/グリー』メインキャラクター&キャストを一挙紹介 海外ドラマ “グリー”(glee)のメインキャラクターを一気に全員ご紹介します。 デラ(@DeraDrama)です。 ...