ランキング

【ベスト10】ドラマ「グリー」歌唱力ヤバいキャストランキング

海外ドラマ「glee/グリー」メイン画像

Hey Guys!デラ(@DeraDrama)です。

世界中で人気となり、今なお話題が飛び交う人気海外ドラマ「glee/グリー」!とんでもない歌唱力を持つキャストがたくさん登場しましたが、一番上手い(ヤバい)キャストは誰だったのでしょうか?

こんな方々のために書きました

  • glee/グリーの大ファン
  • 歌の上手いキャストを知りたい
  • 他の人の評価を知りたい

ということで今回は、海外ドラマ「glee/グリー」に登場したキャストの歌唱力ランキングと、そのキャラのイチオシパフォーマンスを合わせてご紹介します!

今回のランキングは私が勝手にランキングしたものになるため、「なんだその結果は!?」となってしまう可能性もございますが、温かい目で楽しんでいただければと思います。

なお中学、高校と音楽の成績は常に「2」という音楽センスです。

グリー/glee…とは?

海外ドラマ「グリー」のニューディレクションズ© Fox Network

グリーは2009年から全6シーズンにわたって放映されたアメリカの人気ドラマです。

ある高校の合唱部(グリークラブ)の生徒が、高校生特有の悩みにぶつかっていく青春コメディ。

「負け犬」と言われながらも挑戦するキャラと、素晴らしいパフォーマンスで、世界中で人気となりました。

勝手に選ぶ歌唱力ランキングTOP10

以降は一部ネタバレ含みます。ご注意ください。

10位:カート

海外ドラマ「Gleeグリー」のカート・ハメル© Fox Network

10位は人気投票では1位2位を争うほどのキャラクター、カート・ハメル!演じたのは”クリス・コルファー”。

男性でありながらも透き通った声とハイトーンボイスで、多くのソロを担当しました。ソロを歌った数では「7番目」に多いキャラクターです。

ドラマの中ではレイチェルとの歌勝負でも勝利したほど。(シーズン4)そんなカートを10位としました。

I Have Nothing

カートのイチオシパフォーマンスは「ホイットニー・ヒューストン」の”I Have Nothing”。

原曲が非常に高い曲なので、クリス・コルファー自身が「最も難しかった曲の1つ」と言っていたそう。

【7曲厳選】glee/グリー|カート(クリス・コルファー)ソロ曲まとめ人気海外ドラマ「glee/グリー」に登場するカート(クリス・コルファー)の人気でおすすめのソロ曲を厳選して7曲ご紹介!グリーファンにはたまらない、懐かしい曲がたくさん登場します!...

9位:スターチャイルド

© Fox Network

カートが立ち上げたバンドのオーディションに参加し、見事メンバーとなったスターチャイルド。演じたのは”アダム・ランバート”。

うますぎる歌と、カリスマ性の光るパフォーマンスを披露し、サンタナとカートの心を一気にわしづかみしました。

なおアダム・ランバートはアメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル』でデビューした歌手です。

Marry The Night

スターチャイルドのイチオシパフォーマンスは「レディ・ガガ」の”Marry The Night”。

そりゃオーディションでこんなの見せられたら圧倒される気持ちもわかります。だってシャンデリア掴んでるし。

8位:シェルビー

ボーカル・アドレナリンの顧問として登場した女性。レイチェルの実母でもあります。演じたのは”イディナ・メンゼル”。

勝つためには手段を選ばず、それでいてかなりの手腕。その後、マッキンリー高校の非常勤講師となり、「トラブルトーン」を立ち上げる。

イディナ・メンゼルはディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌「レット・イット・ゴー」を歌ったことでも有名。

Somewhere

シェルビーのイチオシパフォーマンスは「バーブラ・ストライサンド」の”Somewhere”。

メインで歌っているのはレイチェルですが、それでも彼女の存在感が強いパフォーマンス。

7位:サンタナ

海外ドラマ「Gleeグリー」のサンタナ・ロペス© Fox Network

意地悪で口も悪いが、グリークラブには絶対欠かせないキャラクター、サンタナ・ロペス!演じたのは2020年に悲しくもこの世を去った”ナヤ・リヴェラ”。

LGBTのキャラとして、様々な困難を乗り越えつつ最後はブリトニーと結婚するという感動のストーリーを見せてくれました。

ドラマの中ではレイチェルの代役としてブロードウェイの役を手に入れるほどの実力。

Mine

サンタナのイチオシパフォーマンスは「テイラー・スイフト」の”Mine”。

別れの際にブリトニーに対して歌った曲。悲しいシーンではありますが、彼女の歌のうまさと感情がうまくミックスしているパフォーマンスです。

【7曲厳選】glee/グリー|サンタナ(ナヤ・リヴェラ)ソロ曲まとめ人気海外ドラマ「glee/グリー」に登場するサンタナ(ナヤ・リヴェラ)の人気でおすすめのソロ曲を厳選して7曲ご紹介します。忘れられない彼女の曲を堪能しましょう。...

6位:ブレイン

海外ドラマ「Gleeグリー」のブレイン・アンダーソン© Fox Network

ウォーブラーズのリードボーカルからニューディレクションズへ。演じたのは”ダレン・クリス”。

ドラマにはシーズン2からの登場にも関わらず、最高の歌唱力とキャラクターで人気をかっさらいました。

なお、ブレインを演じたダレン・クリス自身も俳優だけでなく歌手として活動しています。

All Of Me

ブレインのイチオシパフォーマンスは「ジョン・レジェンド」の”All Of Me”。

ダレン・クリスは楽器の演奏も得意で、このパフォーマンスのピアノも自分で弾いています。

【10曲厳選】glee/グリー|ブレイン(ダレン・クリス)ソロ曲まとめ人気海外ドラマ「glee/グリー」に登場するブレイン(ダレン・クリス)の人気でおすすめのソロ曲を厳選して10曲ご紹介!グリーファンにはたまらない曲がたくさん登場します!...

5位:サンシャイン

マッキンリー高校の生徒でしたが、ライバル校に転校してしまったフィリピンからの留学生、サンシャイン。演じたのは”シャリース”。

歌のうまさはレイチェルと同等。後にボーカル・アドレナリンのリードボーカルになる。

なおシャリースはトランスジェンダー男性である事を発表し、現在はジェイク・ザイラスへと改名して活動しています。

Listen

サンシャインのイチオシパフォーマンスは「ビヨンセ」の”Listen”。

上手いだけでなく魂がこもっている感じが素晴らしい。これはレイチェルが焦る気持ちもわかります。

4位:ジェシー

© Fox Network

ニューディレクションズのライバル校のリードボーカルで、結果的に最後まで関わり合ったジェシー!演じたのは”ジョナサン・グロフ”。

ボーカル・アドレナリンからニューディレクションズ。そしてまたボーカルアドレナリン…最終的にはレイチェルと結婚!という動きも役も大きかったキャラクター。

その歌声はかっこよすぎて、歌手として活動していないことが不思議に思えてしまうほど。

Bohemian Rhapsody

ジェシーのイチオシパフォーマンスはやはりコレ。「クイーン」の”Bohemian Rhapsody”。

ジェシーの歌声もさることながら、ダンスとパフォーマンスも超一流。クインの出産に合わせた演出も見事です。

3位:エイプリル

© Fox Network

マッキンリー高校の元生徒で、グリークラブのOBでもあるキャラクター、エイプリル!演じたのは”クリスティン・チェノウェス”。

シュー先生の誘いでグリークラブに参加し、グリークラブの廃部が決まった時にも駆けつけてくれました。

ドラマの中では、かつてのグリークラブのスター。そしてクリスティン・チェノウェス自身もブロードウェイのミュージカル女優ということでこちらの順位です。

Maybe This Time

エイプリルのイチオシパフォーマンスは「ライザ・ミネリ」の”Maybe This Time”。

なお、かなり力強い声をしていますがクリスティン・チェノウェス自身は身長150cmと小柄。こりゃとんでもないことと思います。

2位:レイチェル

海外ドラマ「Gleeグリー」のレイチェル・ベリー© Fox Network

どんなに人に笑われても、ブロードウェイに立つという夢を諦めず見事に勝ち取ったレイチェル・ベリー。演じたのは”リア・ミシェル”。

ドラマの主人公であり、わがままで空気の読めない態度に態度に周りがイライラするも、歌の実力は誰もが認めます。

なお、リア・ミシェルは小さな頃から舞台で活躍しており、自身のソロアルバムもリリースしている。

Don’t Rain On My Parade

レイチェルのイチオシパフォーマンスはミュージカル『ファニー・ガール』の”Don’t Rain On My Parade”。

彼女の代表曲とも言える曲。この曲が彼女の立場を決めたといっても過言ではないでしょう。

glee/グリー|レイチェルの歌ったおすすめ人気ソロ曲10選!人気海外ドラマ「glee/グリー」に登場するレイチェル(リア・ミシェル)の人気でおすすめのソロ曲を厳選して10曲ご紹介!グリーファンにはたまらない、思い出ソングがたくさん登場です!...

1位:メルセデス

海外ドラマ「Gleeグリー」のメルセデス・ジョーンズ© Fox Network

ニューディレクションズの2大ディーバの1人、メルセデス・ジョーンズ!演じたのは”アンバー・ライリー”。

グリークラブの設立当初のオリジナルメンバーで、一時はソロがもらえずレイチェルらと対立し「トラブルトーンズ」のリーダーとなります。

なおアンバー・ライリー自身も歌手として活躍中です。

And I Am Telling You I’m Not Going

メルセデスのイチオシパフォーマンスは映画「ドリーム・ガールズ」で歌われた”And I Am Telling You I’m Not Going”。

彼女の特徴ともいえるソウルフルな声と歌声が活きた、これぞヤバいパフォーマンス。

【7曲厳選】glee/グリー|メルセデス(アンバー・ライリー)ソロ曲まとめ人気海外ドラマ「glee/グリー」に登場するメルセデス(アンバー・ライリー)の人気でおすすめのソロ曲を厳選して7曲ご紹介!グリーファンには必見の熱い歌がたくさん登場します!...

まとめ

いかがでしたか?一応順位は決めましたが、正直に言って気持ちの中では差はありません。歌う曲によって変わってくるので、順位はあってないようなものですね。

ただ、個人的にはやはりジェシー役の”ジョナサン・グロフ”が一番お気に入りです。

海外ドラマ「Glee/グリー」に関する記事は他にもあります。お時間ある方は是非ご覧になってください!

ABOUT ME
dera / デラ
海外ドラマも大好きだけど、キテレツ大百科も大好き。