内容ネタバレ

ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」シーズン1完全ネタバレまとめ

海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」タイトルロゴ

こんな方々のために書きました

  • 「ヴォルテール高校へようこそ」を観た
  • シーズン1のあらすじを知りたい
  • でもまた見る時間はない!

Hey Guys!デラ(@dera_desu)です。

フランス発のAmazonプライムビデオのオリジナル海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」。1960年代のフランスを舞台にした青春学園ドラマです。

シーズン1は全8話で構成されており、1話あたり40分程度。海外ドラマとしてはさくっと見やすい作品です。

2022年の1月現在、シーズン2の公開は決定していませんが、シーズン1の終わり方からいってシーズン2は制作されると思われます。なのでシーズン1の内容を復習しておきたい方もいるはず…?

ということで、今回はドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」のシーズン1の内容をネタバレでご紹介します。

これさえ読めば、シーズン1の内容はおさらいできます。是非ご覧ください!

これ以降はシーズン1のネタバレです。まだ見ていない方はご注意ください。

シーズン1のおさらい

海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」ミシェル、アニック、シモーヌ©︎ Amazon Prime Video

エピソード1

1963年のフランス。ある男子高校に11人の女の子が入学し、共学の高校となることに。

生徒監察者のポール・ベランジェ(ピエール・ドゥラドンシャン)はそこで新任の英語教師カミール・クレ(ニナ・ミュリス)に出会う。

入学してくる女子生徒の一人ミシェル(レオニー・スーショー)は、秀才の兄ジャン=ピエール(バティスト・マッセリン)に『学校では他人の振りをしろ』と言われてしまう。なお2人にとってべランジェは叔父にあたる。

ミシェルは学校で同じ女子生徒のシモーヌと友達になる。ミシェルとシモーヌ、そして美人で秀才のアニック(ルーラ・コットン・フラピエ)は厳しいと噂のジロー先生のクラスへ。クラスでは「手をあげても指してもらえない」「男子の隣に座ると怒られる」といった扱いを受ける。

当時は「女性軽視」の意識が強く『女なんて』という考えが強かった。そのため女性は肩身が狭かった。

その後、授業中にいじめっ子のデカン(ヴァシーリー・シュナイダー)によりミシェルとロブラック(ガスパール・マイヤー)は指導を受ける。それが発端となり、ミシェルはデカンに水をかけられるいたずらをされてしまう。

それを見た兄のジャン=ピエールは怒り、デカンを殴ってしまう。それによりデカンは片目を失明する大怪我を負う。ジャン=ピエールは懲罰委員会にかけられることに…その結果、ミシェルが両親からひどく叱られる。

べランジェは保健室の先生ジャンヌと結婚している。しかしそれはジャンヌがレズビアンなのを隠すための「仮面夫婦」だった。

エピソード2

クラスの学級長を決めることになる。先生はある問題を出し、答えられた人を学級長にするとした。アニックは「女性は嫌われている」ので、その答えを男子クラスメイトのピションに教えてあげる。

ジャン=ピエールは懲罰委員会に向かう途中、デカンによって妨害されてしまいジャケットを破いてしまう。兄から「代わりのジャケットを探せ」と頼まれたミシェルに、ロブラックがブレザーを貸してくれる。

クラスメイトをいじめるデカンをやめさせるために、ピションは学級長になるための答えをデカンに教えてしまう。しかし先生はデカンが独自に得た答えではないとわかり、その答えを知っていたピションを学級長にする。

ジャン=ピエールは退学処分になってしまう。が、ジャンヌが「ジャン=ピエールがいればコンクールで入賞できる」と掛け合い停学処分で済んだ。

今回の出来事でロブラックに対し恋心が芽生えたミシェル。そしてシモーヌはジャン=ピエールに退学にならずによかったと伝える。そんなシモーヌにジャンはキスをする。

エピソード3

海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」アニックに見惚れる男子生徒©︎ Amazon Prime Video

アニックは母親の恋人であるカメラマンの男性からモデルの誘いを受ける。

クラスではペアでやる課題が出され、アニックとピションがペアになる。そんな中、アニックの自転車が盗まれてしまう。モデルをやれば自転車が買えるとわかり、悩むアニック。

また学校では教師と生徒対抗のサッカー大会が行われ、そこにクレ先生も参加する。クレ先生の活躍もあり、教師側が勝利する。そんなクレ先生を見て徐々に惹かれるベランジェ。

ジャン=ピエールとシモーヌはミシェルらに隠れながらどんどん親密になっていく。

そして課題を通し、絆を深めたアニックとピション。ピションはアニックに自転車をプレゼントした。しかし、その後アニックはカメラマンの元へ。モデルとして撮影される。

エピソード4

レースの誘いをしようと、ガラの悪い旧友がロブラックを訪ねてくる。

その頃学校では、男子生徒たちはトイレでおかしな行動をしており、それに興味を持ったミシェルたち。彼らはポルノ雑誌をみんなで回し読みしていたのだった。

そんなことを知らないミシェルは、男子達のことをロブラックに詳しく聞こうとするも、あしらわれてしまう。

また、校門でアニックを待っていたカメラマン。アニックは「モデルになれば母親の前からいなくなる」約束で撮らせたのだった。

ロブラックにかまってもらえなかったミシェルは、一人でロブラックの旧友の溜まり場へ行ってしまう。そこで乱闘が起きてしまうが、そんな時ロブラックが助けてくれる。

ジャン=ピエールとシモーヌは初めて一線を越える。

そしてべランジェとクレ先生もキスをする。しかしベランジェは「結婚している」ことを理由に彼女を拒否してしまう。

エピソード5

海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」兄のジャン=ピエール©︎ Amazon Prime Video

クレ先生の家族は、クレ先生を結婚相手とヨリを戻させようとする。家族に嫌気がさしたクレ先生は、家を出て元夫を一夜を共にしてしまう。

また、ジャンヌはベランジェ仮面夫婦を続けつつ、世間に隠れながら恋人のドゥニーズとデートを重ねていた。ある夜2人は舞台を見に行き、そこでジャンヌは気になる女性に出会う。

ジャンヌはドゥニーズを無視し「先に帰って」と彼女を帰らせてしまう。それに腹が立ったドゥニーズはベランジェと一夜を過ごそうとするも、寸前になって断られる。

その理由は、ベランジェは女性と行為をしそうになると、体がすくんでしまうから。彼は今までに一度もセックスしたことがなかった。

舞台の出演者たちと仲良く騒いでいたジャンヌも、その夜気になった女性と一夜を共にする。しかしそんな中、人種差別者たちに襲われてしまい、出演者が大怪我をする。

同性愛者を隠して生きていくこと、そして差別に嫌気がさしたジャンヌは、自分の生き方を考え始める。

エピソード6

科学の時間にカエルの解剖をすることになる。アニックはそのカエルたちを逃してくれた人に個人授業をしてあげる、と提案する。ピションはアニックを他の人との個人授業をさせたくないため、ロブラックに助けて欲しいと頼む。それを請け負うロブラック。

そんな中シモーヌは、急な腹痛と出血でクレ先生と保健室へ。そこでシモーヌが妊娠しており、それが流産してしまったことがわかる。

シモーヌは叔母の家に預かってもらっている身で、妊娠がバレると追い出されるため、言わないで欲しいとジャンヌとクレ先生に懇願する。

シモーヌの手術中、クレ先生はジャンヌに、昔妊娠しわざと流産した経験があると告白する。クレ先生も家族に妊娠をバレることを何よりも恐れていて、シモーヌの気持ちがよくわかっていた。

その頃、生徒管理者の姪なのでいつも嫌味を言われるミシェルは、鍵を盗み他の人よりも先にカエルを逃がそうとする。しかし教室にはすでにロブラックがいた。そして2人は偶然にも教室内に閉じ込められてしまう。

そこでミシェルとロブラックは初めてキスをする。

その後ピションが助けてくれ、ピションもカエルを逃すことに成功する。

シモーヌの件でクレ先生との間に絆を感じたジャンヌは、彼女に自分が同性愛者であり、そして仮面夫婦であることを打ち明ける。

その夜、ミシェルは黙って映画館へ。そこでジャンヌがドゥニーズとキスをしているところを見てしまう。さらに家に帰るとシモーヌと兄がキスをしているところも見てしまう。

エピソード7

海外ドラマ「ヴォルテール高校へようこそ」ポール©︎ Amazon Prime Video

兄との交際を隠していたシモーヌを避けるミシェル。

そして学校には上級生の溜まり場があり、そこに入るためにミシェルはみんなの前で「映画館でジャンヌが女性とキスをしていた」ことを話してしまう。

一方、成績が落ちているため指導を受けるロブラック。彼は農場に居候させてもらっているため農場の仕事を手伝っており、学業と仕事の両立を証明するためテストで良い点数をとると約束する。しかし結局農場の仕事のせいでテストに遅れ、良い点が取れない。

その夜、ジャンヌはクレ先生に対し「自分が同性愛者である」と伝えたと、ベランジェに告白する。相談もなしに彼女に打ち明けたジャンヌに対し怒るベランジェ。ジャンヌは隠して生きる生活にうんざりしていた。

周囲に付き合っていることを隠していたミシェルとロブラック。しかしキスしているところをデカンに見られてしまう。

その後、デカンは「ジャン=ピエールとシモーヌ」「ミシェルとロブラック」が付き合っていることを2人の両親に言ってしまう。それにより2人は酷く叱られる。

そしてベランジェは校長から「映画館でジャンヌが女性とキスしていた」といったクレームが来ていると伝えられる。それにより今後の関係を考え始めるベランジェとジャンヌ。

次の日、学校にミシェルとロブラックの姿はなかった。

最終話

ミシェルが家出してしまい、それを探す兄のジャン。家出のことを知られたくない家族は自分たちだけで探そうとするも、結局ベランジェも知ることになる。ゴタゴタが続いているため、ジャン=ピエールはシモーヌに別れを切り出す。

学校に来ていないロブラックを心配し、アニックとピションは農場へ。やはりロブラックも姿を消していた。その帰り道、ピションは告白しようとしたが、うまくはぐらかされてしまう。

2人が愛し合った上で家出したとを知ったベランジェは、自分の気持ちも正直に伝えようと決心し、クレ先生に告白する。

ミシェルが見つからないので、ミシェルの両親は警察に捜索願を出しに行く。

そんな中、ピションの家で夏休み前のパーティが行われる。別れを後悔したジャンはシモーヌにやり直したいと告げるが断られてしまう。またアニックとピションも仲違いしてしまう。

ベランジェとクレ先生が恋仲になったことを知ったジャンヌは、仮面夫婦をやめて、同時に学校も辞めようとする。

しかしその時ミシェルたちの家出が校長にバレてしまう。「学校の共学化」が問題と決めつけた校長は【来年から男子校に戻す】と宣言してしまう。

その頃、ミシェルとロブラックはパリ行きのバスに乗っていた…


まとめ

いかがでしたか?最後にシーズン1をギュッとまとめると以下のようになります。

3行でまとめ!
  • 1960年代フランス、男子校が共学になる
  • 女性軽視、同性愛、妊娠、偽装結婚など困難山積み
  • ミシェルはロブラックと逃避行へ

「1960年代」「フランス」「青春学園もの」と様々な要素が絡みうあうも、とてもうまくまとめた良作ドラマ。シーズン2への更新を強く期待します!

他にも「ヴォルテール高校へようこそ」の投稿がありますので、お時間ある方は是非ご覧ください。

ABOUT ME
dera / デラ
海外ドラマも大好きだけど、キテレツ大百科も大好き。