ドラマ

私なりの”ナルコス”シーズン1のオススメポイントを5つご紹介

Netfilxオリジナルドラマ「ナルコス」のシーズン1の私がオススメしたいポイントを紹介するよ!

ヘロー、オリ(@DeraDrama)です。

コロンビアの麻薬王”パブロ・エスコバル”とDEAこと麻薬取締捜査官とコロンビア政府の戦いの犯罪ドラマ、ナルコス (原題:NARCOS)をご存知ですか?

シーズン1は全10話。個人的に超オススメしたいドラマ。

私が感じたオススメポイントは「なるほど」なことから「くだらない」ことまで。優しい目でご覧下さいね。

オススメポイント


出典:IMDb

これ以降はネタバレを含みます。ご注意下さい。

実際の映像

やはり目を引くのは当時放送・撮影されていた「実際の映像」。

このナルコスは、実話を元に作成されたドラマ。登場人物も実際にいた人物をベースとしています。

しかも1970年代後半から1990年代という期間なので…こりゃ昔の話ではないんです。

なので同時の映像など残ってるものが多い。そしてそれがドラマでもバンバン出ますからね。そりゃリアリティーが違います。

もちろん日本の地上波じゃ難しいであろう、いわゆる「ヤバイ」映像も。そうです、被害者であろう人物もたくさん…

それが本物に見えないんです。それが逆に怖い。

当時の凄惨な状況であったり、パブロ・エスコバルの人気であったり…貴重な映像とも言えると思います。

オープニング

オープニングのセンスの良さ。表現すると、なんとも言えない色、という感じですか。

ドラマの雰囲気がぴったりで、それが狂気とか恐怖だけでなく、なんというか「愛」みたいのも絡んできていて、とにかく興味をそそるオープニング。

先ほどもお伝えした通り、登場人物は実際の人物たちをベースにしています。彼らの映像や写真はオープニングにも登場します。

これがまたね。ドラマの雰囲気とか迫力を格上げしちゃうんです。オープニングから。

さらに音楽はRodrigo Amarante(ホドリゴ・アマランチ)という人の「Tuyo」というスペイン語の曲です。

スペイン語なんで歌詞の意味はわかりません…ただなんか熱い炎のような感じもするし、冷い氷のような感じもするし。不思議です。

ちなみに私、海外ドラマを見るときに必ずオープニングに注目してます。オープニングの良さで作品の良さがリンクしてること、多々ありますから。

それでいうと、”ナルコス”は完璧。ドラマのヤバイ感じとぴったりです。

ヴァグネル・モウラ


出典:IMDb

パブロ・エスコバル役の”ヴァグネル・モウラ”。

この人の演技、怖すぎるんです。本当、すんげー怖い。

多分このドラマの一番の見どころと言ってもいいかもしれません。とにかくパブロ・エスコバルが怖すぎる。

怖そうに見せてる俳優さんとは違いますよ。もう”ヴァグネル・モウラ”自体が怖いんです。というか怖い人間を創り上げてる。

目、話し方、立ち振る舞い…こんな怖い人になりきるんですから、素晴らしい演技力ということになりますね。

また、パブロ・エスコバルという人物も十分怖い。

パプロ・エスコバルは家族思いで、大切にしています。そうゆうシーンはすごく優しい。

だからでしょうね。怖いところが本当に怖い。

あんな人が父親だったら、反抗期は向かえないし、上司だったら、社員の定着率は0%です。

※なお、彼の部下である”ポイズン”ってキャラもかなり怖いので要チェックっ!

ボイド・ホルブルック

このドラマのもう一人の主人公、スティーブ・マーフィー役の”ボイド・ホルブルック”。

特に彼のナレーションがいいんです。シーズン1ではそのナレーションを”ボイド・ホルブルック”の声でやっています。

パブロ・エスコバルを追うDEA捜査官の一人。妻とともに超危険なコロンビアで、超危険な任務に就きます。

その危なさや緊張感、苦労とか怒りとか…それらをリアルに表現した彼のナレーションがドラマにマッチしていて、見ていて本当にしっくり。

このマーフィー役の”ボイド・ホルブルック“は俳優でもありながらモデルもやっちゃうという、まさにパーフェクト超人。

彼とパブロ・エスコバルの戦い。ぜひ見ていただきたい。

おっぱい

不快に思った方。申し訳ありません…でもこのドラマ、おっぱい出ます。

おっぱいは非常に重要なんです(私にとって)でも言葉通りの卑猥な意味ではありませんよ!

「ドラマの本気度」という意味でです。

ドラマの中で、普通におっぱいが出てくるドラマ。海外ではまあ結構普通かもですが、日本のドラマでは基本ありませんよね。

でもやっぱり気になりません?そーゆうシーンがあれば絶対見えるのが普通ですもん。

微妙に隠してるドラマをたまに発見したりしますが、やっぱり不自然。違和感。

女優さんの事情や、事務所との契約など、私にはわからない大人の事情も存在すると思いますが…やっぱりリアルなドラマでは、リアルにおっぱい見たいんです。(おい)


まとめ


出典:IMDb

私が思う、オススメポイントを紹介しました。まとめると以下の通り。

  • 衝撃的な実際の映像
  • 秀逸なオープニング
  • 主役2人の魅力と好演
  • おっぱい

ドラマ自体は危険なドラマなので、バイオレンスなシーンやびっくりしちゃうシーンも多いです。人もバンバン殺されます。

そうゆうドラマが苦手な方は見るの厳しいかもですが…実際にあった出来事が見ることができるので、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

「ギャングにカルテルなんでも来い!」って強者には全力でオススメするドラマです。