ドラマ情報

ドラマ『glee/グリー』メインキャラクター&キャストを一挙紹介

海外ドラマ “グリー”(glee)のメインキャラクターを一気に全員ご紹介します。

デラ(@DeraDrama)です。

世界はもちろん、日本でも大人気になった青春ドラマ「グリー」!どハマりした海外ドラマの1つです。

高校の負け犬と呼ばれる合唱部(グリークラブ)のメンバーが若者らしい悩みや問題に素晴らしいパフォーマンスで立ち向かうミュージック・コメディ・ドラマ。

ということで今回は、グリーに登場する主要なキャラを全員ご紹介します!

マッキンリー高校グリークラブ

※ネタバレありです。まだ見ていない方はご注意ください。

レイチェル・ベリー

Photo by Tommy Garcia/FOX

ニューヨークのブロードウェイで歌うことを夢見る女の子。スターになるためには、努力も惜しまない。みんなから「ウザい」と言われつつも自分を信じて夢に向かう、明るく元気な子。

2人のゲイの父親に育てられ、幼少期から歌うことが大好き。

歌唱力はクラブトップクラスで、大事な大会などではソロを歌ったりメインとして歌うことが多い。人をイライラさせる性格や、レイチェルばかりソロを貰うことで、チームメイトと言い争うこともあるが、クラブのことをとても大切に思っている。

フィンと恋をし、くっついたり別れたりを繰り返し、最終的に婚約。結果として結ばれることはなかったが、その後フィンの名前のタトゥーを入れるなど、2人は繋がっていた。

そしてブロードウェイで主役を勝ち取り、主演女優として人気を博す。

キャストリア・ミシェル
登場回シーズン1エピソード1

フィン・ハドソン

© Fox Network

マッキンリー高校アメフト部のクオーターバック。高い身長とルックスも含め、学校の人気者。しかも彼女は誰もが憧れるチアリーディング部の美人キャプテン。

シャワー室で歌っていたところをグリークラブの顧問”シュー先生”に聞かれ、そのままスカウトされる。最初はダサいと思っていたグリークラブだけど、仲間たちと歌っていくことでみんなを率いるリーダーになっていく。

歌は得意だけど、ダンスは苦手。またドラムも叩けます。

レイチェルと婚約をするが、彼女の夢のため婚約を解消。しかしずっと彼女への思いを断ち切れず、彼女のことを想い続けた。

しかしシーズン5を前にフィン役の”コーリー・モンティス”が亡くなってしまい、それによりレイチェルとは結局結ばれず。シーズン5の第3話にはフィンの追悼エピソードの回となった。

コーリー・モンティスは2013年に死去。まだ31歳だった。それにより脚本が書き換えられた。

キャストコリー・モンティス
登場回シーズン1エピソード1

カート・ハメル

Photo by Tommy Garcia/FOX

オシャレ好きでゲイの青年。そのことが原因で学校でいじめられていたが、グリークラブに入り才能を開花していく。どんなにイジメられても、自分は何者か、ということを信じて進んでいく。

幼いころに母親を亡くしており、父親と2人で生活。のちに父親とフィンの母親が再婚し、そのことでフィンも事実上兄弟となった。

カワイイ物やオシャレなことが好きで、そうゆう話であれば男性相手よりも女性とのほうがあう。

同じくゲイのブレインと出会い、恋をし、最終的には結婚をする。

キャストクリス・コルファー
登場回シーズン1エピソード1

メルセデス・ジョーンズ

© Fox Network

力よい声と、グルーヴ感、そして類まれな歌唱力を持った黒人の女性。グリークラブ設立当初からのメンバー。

歌には絶対的な自信を持っているが、そのことが原因でよくレイチェルとぶつかる。しかしそのたびにお互いの力を認め合い成長していく。

一度ソロが歌えないことに嫌気がさし、サンタナやブリトニーと共に女性だけのグループ「トラブルトーン」を結成。

卒業後はロスに渡り、ソロシンガーとしてCDデビューするほどまで活躍する。

キャストアンバー・ライリー
登場回シーズン1エピソード1

アーティ・エイブラムス

© Fox Network

レイチェルやメルセデスたちと同じく、グリークラブ設立時のメンバー。

幼少期に事故に遭ってしまい車いすとなってしまったが、グリークラブではそれを活かし、欠かせないメンバーの一人となる。またラップが得意で、リードシンガーを務めることも多い。

卒業後はニューヨークの映画製作の専門学校に進学。パフォーマンスする側から、撮る側に移ることに。

またティナ、ブリトニー、キティなどとの恋愛も多く、専門学校進学後には複数の女性と関係を持つなど、なかなかのやり手。

キャストケヴィン・マクヘイル
登場回シーズン1エピソード1

ティナ・コーエン・チャン

© Fox Network

グリークラブ設立時のメンバー。入った当初はコミュニケーションが苦手なため吃音(話し言葉が滑らかに出ない発話障害)のフリをしていた。しかしその後グリークラブを通して交友関係を広めてゆく。

レイチェルには敵わないも高い歌唱力を持っており、リードシンガーとして歌うこともしばしば。

当初アーティと付き合っていたが、そのうち同じアジア人のマイクと交際するようになる。

キャストジェナ・アウシュコウィッツ
登場回シーズン1エピソード1

クイン・ファブレー

© Fox Network

高校の中で最も崇められる地位「チアリーディング部キャプテン」に立つ女性。顔も美人で男女問わずみんなの憧れ。

最初はグリークラブをつぶすために入部したが、歌うことの楽しさや人との絆に触れ、欠かせないメンバーの一員へ。シーズン1ではパックとの間で妊娠してしまい、その後出産を経験。

学校での人気を常に気にするあまり、フィンと付き合ったり別れたりを繰り返すが、結局はパックと一緒になった。

キャストディアナ・アグロン
登場回シーズン1エピソード1

サンタナ・ロペス

© Fox Network

毒舌キャラのチアリーダー。クインと同じく当初は「グリークラブ」をつぶすために入部。

しかしサンタナ自体かなりの歌唱力をもっており、大会でソロを務めたことも。のちにレイチェルが主役となったブロードウェイの舞台で、レイチェルの代役として選ばれたこともある。

本人はレズビアンであり、それを家族にも隠していたが、遂にカミングアウト。親友でもあったブリトニーに告白し、最終的に2人は結婚する。

キャストナヤ・リヴェラ
登場回シーズン1エピソード1

ブリトニー・ピアース

Photo by Tommy Garcia/FOX

チアリーディング部に所属し、クインやサンタナたちとグリークラブをつぶそうとしたうちの一人。

ダンスが非常に得意で、かなりの腕前。自分がソロで歌う際もダンサブルな曲が多い。

ちょっとおバカな性格で、常識を知らなかったり、訳の分からないことを言ったりするが、実は数学の天才だったという超異色のキャラクター。父親はあの”スティーブン・ホーキンス博士”。

男性も女性も愛する通称バイセクシャル。最終的にはサンタナにプロポーズされ、結婚する。

キャストヘザー・モリス
登場回シーズン1エピソード2

ノア・パッカーマン

© Fox Network

フィンと同じくアメフト部のだったが、のちにグリークラブへ入部。グリークラブに入る前は弱い者いじめをし、ごみ箱に放り投げるという悪行を行っていた。また女性関係も豊富で、クインを妊娠させてしまうなど、女性に対してだらしなかった。

しかしグリークラブに入ってからは少しずつ変わっていき、仲間想いのいいヤツへ。

高校卒業後は通ってもいない大学で騒ぐなどフラフラしていたが、フィンの死後軍に入り自立。そしてクインと一緒になる。

キャストマーク・サリング
登場回シーズン1エピソード1

サム・エヴァンス

Photo by Tommy Garcia/FOX

新たなメンバーとしてフィンが連れてきたアメフト部。大きな口が特徴で、そのことをみんなにいじられたりも。

自分が一番得意としているのは「モノマネ」。それもあってか(?)クイン、サンタナ、ブリトニー、メルセデス、レイチェルと数々の女性と付き合ったりした。

自慢できるほどのボディをしており、一度家族がホームレスになってしまった際はその体を利用してストリッパーもやっていた。また、それを活かし、卒業後はニューヨークでモデルをすることに。

キャストコード・オーバーストリート
登場回シーズン2エピソード1

マイク・チャン

Photo by Tommy Garcia/FOX

途中からグリークラブに入ったアメフト部のメンバー。当初は目立たないメンバーだったが、徐々にメインメンバーの1人になっていく。

在学中はずっとティナと付き合っていたが、進学を機に破局。

ダンスが非常に得意で、みんなの振り付けの指導をすることも。それがあって卒業後は名門のダンス学校に進学する。

キャストハリー・シャム・ジュニア
登場回シーズン1エピソード4

ブレイン・アンダーソン

Photo by Tommy Garcia/FOX

ダルトンアカデミーのアカペラチーム「ウォーブラーズ」のリードシンガー。圧倒的な歌唱力とスター性を持っている。また、カートと同じくゲイを公表している。

カートがダルトンアカデミーに行った際出会い、その後交際に発展。カートと共にいるためにニューディレクションズの一員となった。

カートに対する真っすぐな愛と、チームメイトへの友情。そして歌という芸術への強い想いで人気あるキャラクターへ。

こちらも付き合ったり別れたりを繰り返し、最終的にはカートと結婚する。

キャストダレン・クリス
登場回シーズン2エピソード6

マーリー・ローズ

Photo by Tommy Garcia/FOX

フィンやレイチェルが卒業した後のグリークラブに入った女性。シンガーソングライターになることが夢で、自分で歌だけでなく作曲なども行う。

母親が同じ学校で働いているが、太っているためそれが原因でいじめられた経験があり、最初はそれを隠していた。また自身もそれを気にしており、キティの意地悪もあり、地区大会ではステージ上で倒れてしまう。

あまり目立ちたがるタイプではなく、恋にも奥手だが、ジェイクやライダーから好意を寄せられる。ジェイクと付き合うも結局別れてしまい、結局そのままに。

キャストメリッサ・ブノワ
登場回シーズン4エピソード1

ユニーク・アダムス

© Fox Network

元々はライバル校のグリークラブ「ボーカルアドレナリン」でリードシンガーを務めていた男性。しかしボーカルアドレナリンのやり方に耐えられず、マッキンリー高校に転校してくることに。

性同一性障害で自身の性別は男性だが、心は女性のため、服も女性の服を着る。そのためいじめられてしまうこともあり、辛い時間を過ごす時も。

歌唱力は非常に高く、全国大会でも個人MVPを獲得した。

キャストアレックス・ニューウェル
登場回シーズン3エピソード16

ジェイク・パッカーマン

Photo by Tommy Garcia/FOX

マーリーと同じ世代にグリークラブに入った青年。パックの義兄弟でもある。歌もダンスも得意で、チームメイトにダンスを教えることもある。

最初は反抗的で自分勝手なところがあったが、兄のパックと同じくグリークラブの一員になってからは仲間想いの頼れる奴に。

パックの弟というだけあり、女性関係でも手が早い。しかしほとんどが遊びだったが、マーリーだけは本気だった。しかしマーリーとの進展がうまくいかずに浮気してしまい、それが原因でフラれてしまう。

キャストジェイコブ・アーティスト
登場回シーズン4エピソード1

ライダー・リン

© Fox Network

フィンにスカウトされグリークラブに入ったアメフト部。

失読症で文字をうまく読むことができずそれを隠していたが、グリークラブで仲間に出会い、徐々にみんなと共有できるようになる。

マーリーにずっと好意を寄せており、ジェイクと破局後に思いを伝えるも結果としては実らず。

キャストブレイク・ジェンナー
登場回シーズン4エピソード5

キティ・ワイルド

Photo by Tommy Garcia/FOX

マーリーたちの代にグリークラブに入った毒舌キャラのチアリーダー。最初はかなりの性悪で、人の彼氏を取ろうとしたり、マーリーの衣装を小さくして太ったように見せかけたりしていた。

その後レイチェルがグリークラブを再開させた際に協力し、チームに欠かせないキャラとなった。

恋愛面に関しては、パックやアーティと交際した。

キャストベッカ・トビン
登場回シーズン4エピソード1

マッキンリー高校講師陣

ウィリアム・シュースター

© Fox Network

マッキンリー高校のグリークラブ顧問の先生。自身もグリークラブの卒業生であり、かつて全国大会で優勝したチームの一員。

歌うことや踊ることで気持ちを表現する素晴らしさを伝え、生徒たちを正しい方向に導いていく。時々生徒たちと衝突するも、悪いことは悪いとちゃんと諭していく良き教師。

私生活では一度離婚を経験するも、同僚のエマ先生と再婚し、子供ももうけた。

キャストマシュー・モリソン
登場回シーズン1エピソード1

エマ・ピルズベリー

© Fox Network

進学カウンセラーとしてマッキンリー高校で働く女性。かなりの潔癖症と思われていたが、実際は強迫性障害(OCD)。なので常にきれいになってないと気が済まない。

シュー先生に対しては最初から行為を持っていたが、相手は既婚者だったためうまくいかなかった。自身も一度別の男性と結婚しているが、うまくいかず破局。

しかし最終的にはシュー先生との愛を実らせ結婚。一人の子供を産む。

キャストジェイマ・メイズ
登場回シーズン1エピソード1

シャノン・ビースト

© Fox Network

マッキンリー高校のアメフト部のコーチとしてやってきた男勝りの女性。シュー先生の良き相談相手であり、スー先生とも絆を深めていくキャラに。

今まで恋愛経験がなく、その見た目や振る舞いから恋には無縁だったが、自分の気持ちをさらけ出せるようになり、一度結婚をする。しかしその男性からDVを受け、破局。

その後、自身が性同一性障害を持っているとわかり手術を行う。そして”シェルドン”という男性として生まれ変わる。

キャストドット・ジョーンズ
登場回シーズン2エピソード1

スー・シルベスター

Photo by Tommy Garcia/FOX

マッキンリー高校チアリーディング部のコーチ。7回全国優勝させるほどの手腕。それによりローカルTV番組で自身のコーナーを持つほど。

グリークラブの最大の敵であり、幾度となく廃部にしようと試みる。そのためシュー先生との戦いが絶えない。また時には驚くべき行動をとり、色々と規格外な女性。

またダウン症の姉がおり、同じくダウン症のベッキーに対してはその症状を理解し、親友として優しく接する。

一見意地悪なキャラだが、実際は自分の意志を突き通す優しさあふれる人間性。ドラマに絶対欠かせないキャラのひとり。

ちなみに、ドラマで一番最初と一番最後に話したキャラクターは、スー・シルベスターである。

キャストジェーン・リンチ
登場回シーズン1エピソード1

まとめ

たくさんのメインキャラクターたちが出てきましたが、皆さんは誰がお気に入りのキャラですか?

学園ドラマであり、歌ありダンスありのミュージカルであり、性やいじめなどの問題もあり。いろいろの要素が詰まったドラマですが、このキャラクターたちがいたからこそ全てがまとまり大人気になった理由でしょう。

なお、登場キャラたちの名前当てクイズもあります。レベルは4つ、ぜひチャレンジしてみてください!

【キャラ名クイズ】ドラマ『glee/グリー』地区大会レベル 海外ドラマ "glee / グリー" に登場するキャラクターの名前クイズ【レベル:地区大会】を作成しました。是非挑戦してみてくだ...