おすすめドラマ

【理由】Amazonの青春ドラマ「レッドオークス」がおもしろい

海外ドラマ「レッドオークス」メインキャッチ

Hey Guys!デラ(@DeraDrama)です。

海外ドラマが好きで、その中でも「青春ドラマ」が好き!という皆様、こんにちは。おすすめの作品を紹介させていただきます。

こんな方々のために書きました

  • おすすめの海外ドラマが知りたい
  • 気軽に見れるドラマが見たい
  • 青春ドラマが見たい
  • アマゾンプライム会員

そんな方々に、今回はAmazonプライムビデオで見ることができるオリジナル作品「レッドオークス」のおすすめ理由を紹介いたします!

この記事では青春海外ドラマ「レッドオークス/Red Oarks」の内容や魅力、そして海外のデータベースサイト「IMDB」と「Rotten Tomatoes」の評価をお伝えします。新たに海外ドラマを探している方は、是非参考にしてください。

レッドオークス…って?

海外ドラマ「レッドオークス」ナッシュPhoto by Jessica Miglio – © 2016 Amazon Studios

ドラマの舞台は1980年台のアメリカ、ニュージャージーにあるカントリークラブ。タイトルである「レッドオークス」とは、そのカントリークラブの名前から来ています。

そのカントリークラブで夏の期間だけのアルバイトがあり、そのアルバイトに参加してる若者たちの青春ドラマです。

主人公はその中の一人、20歳のデイビット。彼の友情や恋、そして将来に対する不安などを描いています。

なお、このドラマはアマゾンプライムのオリジナル作品のため、アマゾンブライム会員の方のみ見ることができます。

Amazonプライムビデオ「レッドオークス」はこちらから

おすすめする3つの理由

ここからは、私の感じた海外ドラマ「レッドオークス」の魅力を3つに分けてご紹介します。

1980年代の良きアメリカ

先にお伝えした通り、このドラマは1980年代が舞台。正確に言えば1985年の夏です。

よってもちろん今とは全然違います。スマホもなければ携帯電話もありません。便利さで言えば今の方が全然いいですが、そうで無いところがこの時代の良さをすごく表しています。

例えばキャラの1人が好きな女の子に自分の好きな曲の入ったカセットテープを送ります。それはつまり自分で時間をかけて作ったもの、ということですね。

今ではそんな労力を使わなくても好きな曲は簡単に送れます。だからこそ、そのカセットテープを送るという1つのことがとても尊いことに思えませんか?

海外ドラマ「レッドオークス」スカイにテニスを教えるデイビット©︎ Amazon Prime Video

また時代をしっかり反映した世界観も見どころの1つ。車はクラシックな車で、ファッションも当時の流行を抑えたとてもかわいい衣装です。

また特に女性キャストは髪型なども当時の流行が現れており、当時同じく青春時代であった50〜60代の方にはたまらないんじゃ無いでしょうか。

逆にその世代を知らない方や、今の若者が見ると「古臭いなぁ」と思うかもしれませんが、それがまた良かったりしますね。

等身大の青春ドラマ

主人公であるデイビットはいわゆる普通の青年。とってもかわいい彼女もいて、テニスもできる。愛してくれる両親もいて、友達もいる。

ただそれゆえに彼は将来に関して自分のやりたいことがないのです。ある意味「足りないものが無いのでそこに目がいかない」という感じでしょうか。

そのことに不安は感じているが、どこか落ち着いた(冷めた?)目線で物事を見ている。そんなキャラを”クレイグ・ロバーツ”が見事に演じています。

海外ドラマ「レッドオークス」デイビット©︎ Amazon Prime Video

やる気はあるんですが、あまりそうには見えない。欲しているけど、ガッついている様には見えない…そんな感じでしょうか。

彼を見ていると最近よく言われる「将来に目標を持たない若者たち」を思い出します。それは平和で恵まれているからこその感覚。決して悪いことではありません。しかし目標はやっぱり必要なのです。

デイビットは周りで出会う仲間や大人たちを見て、それを感じながら将来を模索していきます。『特にやりたいことないしな〜』という方はきっとデイビットを見て共感できてしまうでしょう。

サクッと見れる手軽さ

このドラマは1話あたり約30分程度の短めなドラマ。また全3シーズンで合計26話なので、サクッと見れる海外ドラマに入るでしょう。

また先ほどお伝えしたお通り1人の青年の等身大の青春時代を描いた作品なので、スリリングな状況やシーンは皆無です。

なのでゆったりとした気分で、気負わず見ることができる優しめなドラマと言えるでしょう。ハラハラしたドラマは苦手って人にはぴったりのドラマです。

海外ドラマ「レッドオークス」デイビットと家族Photo by Jessica Miglio – © 2016 Amazon Studios

しかし言い換えれば、それは少し退屈に思ってしまう方もいるかもしれません。

特にこのドラマは大きな出来事がドーンっ!と起きるよりは、小さな出来事がパチパチっ!と起きるようなドラマです。わかりづらいですよね。でもそんな感じなのです。

なのでこのおすすめポイントは人によって左右されやすそうです。

海外の評価

ここで気になるのが海外でのドラマ「レッドオークス/Red Oarks」の評価。

今回は海外の有名なデータベースサイト”IMDB”と”Rotten Tomatoes”の評価をご紹介します。

IMDBでのレッドオークスの評価©︎ IMDB
Rottentomatoesでのレッドオークスの評価©︎ Rotten Tomatoes

総合評価で言うと、IMDBでは7.9、Rotten Tomatoesでは90%以上の評価を得ています。

少し差はありますが、低くはないと言うことがわかってもらえると思います。特に”Rotten Tomatoes”の評価はすごく高い評価です。


まとめ

今回は海外ドラマ「レッドオークス/Red Oarks」の3つの魅力と、海外での評価を紹介させていただきました。最後にまとめてみましょう。

3行でまとめ!
  • 1980年代のアメリカが味わえる
  • 誰もが通る青春をリアルに
  • 気負わず見れる優し目ドラマ

「悪役が次々と登場するヒーロードラマ」や「非情な犯人を捕まえる刑事ドラマ」など、スリリングでドキドキハラハラなドラマに疲れてしまった人におすすめのドラマ。

また、ほのぼのだけど懐かしい。そんなドラマを探している人にもおすすめです。

ABOUT ME
dera / デラ
海外ドラマも大好きだけど、キテレツ大百科も大好き。