ドラマ情報

『ブルックリン99』キャラ紹介!ローザのトリビア12選

海外ドラマ “ブルックリン・ナインナイン”に登場するキャラクター「ローザ」について色々な情報をまとめました。

デラ(@DeraDrama)です。

今回はコメディドラマ、ブルックリン・ナインナインのメインキャストの1人「ローザ・ディアス」のトリビアをご紹介しますよ!

見た目や言動は怖いけど、実は優しいローザファンには必見🤗

ローザって誰?

ローザはニューヨーク99分署の刑事。

女性なのに男性顔負けなほど強く、怖い。あの署長も「ローザは怖い」と言うほど。

服は大体真っ黒で、ライダースジャケット。時々ピンクの服を着てきただけで、みんなが騒ぎ出します。

もちろん刑事としても優秀。

キャストは?

ローザ・ディアスを演じるのは、アメリカ出身の女優”ステファニー・べアトリス”

彼女にとっての一番有名な役がこの「ブルックリン・ナインナイン」のローザ役。

また声優としていくつかの作品にも出演している。

ローザってどんな人?

© 2015 Fox Broadcasting Co.

※シーズン5までのネタバレが含まれています。

得意なことは?

バレエが得意。

かつて、アメリカンバレエアカデミーに通っていた。今でも基本の動きはマスターしている。

なお、教えてくれた先生は”ミリアム先生”。指導は厳しく、それがバレエをやめてしまった原因。

苦手なことは?

注射の針が苦手。

そのため献血を受けずにすむよう逃げていた。

エイミーの提案で、苦手克服のために気合いで挑戦。

年齢は…?

ローザは35歳…以下。

35歳以下にしか聞こえないと言う音に激しく反応したことから、彼女は35歳以下、ということに。

正確な年齢や誕生日は明らかになっていません。

出身校は?

教会などが運営する学校、通称「教区学校」の出身。

しかも当時は優等生。今の怖いローザからは想像できません。

ちなみに、先生の中で「ウィニアクール先生」がお気に入り。

家族構成は?

ローザは5人家族。

父親の”オスカー”と母親の”ジュリア”。ちなみに父親は教師。

三姉妹のうちの1人で、2人の姉妹がいる。

またローザには「ディアナ」という姪もいる。

趣味は?

ローザの趣味はヨガ。

そのため非常に体が柔らかい。これは幼少期のバレエも関係しているかも。

なおヨガ効果か、逆立ちもすることができる。

映画の好みは?

ローザの好きな映画は「ロボコップ」。

あの無秩序なバイオレンスがたまらない、というのが好きな理由。

嫌いな映画の一つは「市民ケーン」。

ジーナはローザが「古い映画が好き」と思っていたが、実際はそうでもなかった様子。

話せる言葉は?

ローザは英語の他にも「スペイン語」が堪能。

ローザの父親はローザのことをスペイン語の愛称で呼ぶ。

そのため、ピメントがローザと交際していたときは時、ローザの父親に会うために、隠れてスペイン語を勉強していた。

経験がないのは?

スープを飲んだことがない。

これはローザの独身最後のパーティで、クイズに「ローザの好きなスープは何?」という答えに出された。

規格外なローザならなんとなくありえそう。

初めて話した言葉は?

ローザが初めて話した言葉は『パパ』。

これもローザに関するクイズ大会で明らかになったこと。

なお、このクイズに対してエイミー・チャールズ・ジーナがそれぞれ予想したのは『斧』『アッパーカット』『切腹』。

セクシャリティーは?

ローザは男性も女性も愛する、バイセクシャル。

ピメントやマーカスといった男性たちと交際していたが、女性とも交際している。

過去の経歴は?

かつて3年間医学部、そしてビジネススクールにも3年在籍していたという経歴がある。

さらにはパイロットの免許も取得している。


まとめ

© 2015 Fox Broadcasting Co.

いかがでしたか?知らないことはありましたか?

いつもはあんなに怖くてサバサバしてるのにバレエも踊れちゃうなんて。以外と女性的なんですよね。

あの怖いローザから、ローザっぽくない女性的なところがギャップがあっていいですね。個人的には家には日本刀があるのが好きです。

『ブルックリン99』キャラ紹介!ジェイクのトリビア12選0iv class="concept-box6">海外ドラマ "ブルックリン・ナインナイン”に登場するキャラクター「ジェイク」についてま...