ランキング

【ベスト7】海外ドラマ版シャーロック|ベストキャラクターランキング

Hey Guys!海外ドラマにハマり続けて20年。デラ(@DeraDrama)です!

海外ドラマ「Sherlock/シャーロック」のファンの皆様、もちろんお気に入りのキャラクターがいると思います。ではズバリ、ドラマの中の「ベストキャラクター」は誰でしょうか?

  • シャーロックの大ファン
  • 自分のベストキャラと比べたい

そんな方に、今回はベストキャラクターランキングTOP7を作成しました。

シャーロックの大ファンである私が思う、ベストキャラクターはいったい誰なのか?あなたのベストキャラクターランキングと比較してみてください。Here we go!!

キャラクターベスト7

以降は一部ネタバレ含みます。ご注意ください。

7位:モリー・フーパー

© BBC

シャーロック・ホームズの話の中で、重要な女性キャラといえばアイリーン・アドラーが有名ですが、このドラマではこのモリー・フーパーがより重要と言えそうです。

全シーズンを通してシャーロックに片想いをしていますが、彼氏を作って強がって見せるシーンや、クリスマスの夜にオシャレをするところも。恋したことある人ならみんな気持ちがわかると思います。

結果として叶うことがなく、モリーにとっては悲しい結末になってしまいましたが、それでも見ている人には素晴らしい恋だったと思います。

なお、回想シーン(想像シーン)で行われたシャーロックとモリーのキス。あんなかっこいいシーンを想像で終わらせてしまうなんて、もったいな過ぎると思いませんか?みなさん。

役者名ルイーズ・ブリーリー

6位:レストラード警部

© BBC

ニュースコットランドヤード警察の警部。正直ほぼ事件の解決にはかかわらず、常にシャーロックを取り巻く警察官の一人ですが、シャーロックにとっては重要な人物の一人です。

ジム・モリアーティにシャーロックの大切なひとを狙われた際、選ばれた一人がこのレストラード警部。ジム・モリアーティにそう捉われたということは事実でしょう。ここでモリアーティほどの人が対して大切でない人を選ぶわけがありませんので。

そしてそれが「レストラード警部にとってもシャーロックは大切」というのもいいじゃないですか。シャーロックが生きていたと分かったときの彼のリアクションが大好きだったかとも多いはずです。

そんな彼は、「ずっと追いかけてきた事件を解決できる!」というときに来たシャーロックからの『助けてくれ』というメッセージに急いで駆けつける心意気も持ちます。※シーズン3第2話

あのシーンは、すごく 笑いました 感動しました。

役者名ルパート・グレイブス

5位:マイクロフト・ホームズ

© BBC

シャーロックの兄というだけで注目できるキャラ、というのは当然ですが、それ以上にこのキャラクターには魅力が詰まっています。

シャーロックと同等、もしくはそれ以上の推理力や考察力をもち、それでいてイングランドの国のトップに近いところにいる存在。マイクロフトがもっと世間に興味を持っていたら、シャーロックよりも面白い物語ができていたかもしれません。

なお、そんなに完璧なのにたまに出るカワイイところがあるんですよね。それもまたいい。

弟のシャーロックを心配するも、時には厳しい状況に追い込むマイクロフトは、「普通の兄弟」とはちょっと違いますが、それでも兄弟愛は随所で感じることができます。

役者名マーク・ゲイティス

4位:ジム・モリアーティ

© BBC

正直シーズン3までのジム・モリアーティは完璧でした。シャーロックに「犯罪界のナポレオン」と呼ばれるだけあるだけの実力。

そして何よりあのキャラクター。ジム・モリアーティを演じた”アンドリュー・スコット”の「ヤバさ」は、彼じゃないと出せない様な独特の演技で、敵ながら好きになってしまうほど。

ただし元凶はシーズン4、ユーラス・ホームズ(シャーロックの妹)が出てきた後の彼の立ち位置にガッカリ。完璧にユーラスを引き立てるためのただ「ヤバイ」やつになってしまいました。

シーズン4まで引っ張るのであれば、彼の自殺させたのは間違いだったのでは?

なおシーズン4が面白くない理由をまとめた記事もあります。ジム・モリアーティの不満もぎっしりです。

【感想】海外ドラマ版シャーロック|シリーズ4はなぜつまらないのか?海外ドラマにハマり続けて20年以上。そんな私がBBCの海外ドラマ「Sherlock/シャーロック」のシーズン4に対して評価・感想を書きました。どうしてシーズン4はおもしろくなかったのか。その理由を日本以外の評価も合わせてご紹介します。...
役者名アンドリュー・スコット

3位:ハドソンさん

© BBC

ハドソンさんといえば、そう。あのベイカー街221Bのオーナーで、シャーロックとジョンの大家さんでもあります。

あのシャーロックに対してもズケズケとものを言い、それでいて大切されている人物。2人の距離が近ければ、恋仲になってもおかしくない様な、そんな女性。

クセの強い登場キャラの多いこのドラマで、一般人に近いキャラ1人…と言いたいですが、「夫の死刑を確定させたのでシャーロックに感謝してる」とか、「ネット上にストリッパーの時の映像が流れてる」など…色々突っ込みどころが多いのも魅力です。

シーズン2ではアメリカ人に拉致され、怖い思いをしたハドソンさん。それに対する犯人へのシャーロックの怒りに、2人の良い関係性が見える素晴らしいエピソードもありましたね。

そのシーンもランクインしているベストシーンはこちらからも見れます。

【厳選】海外ドラマ版シャーロック|全シリーズ中のベストシーン10選海外ドラマにハマり続けて20年以上。そんな私がBBCの海外ドラマ「Sherlock/シャーロック」の全シーズンの中で特にお気に入りのベストシーンを10つ厳選してご紹介。みなさんはどのシーンが好きですか?...
役者名ユーナ・スタッブス

2位:ジョン・ワトソン

© BBC

意外と勘違いされるのですが、原作の「シャーロック・ホームズ」の語り手は”ジョン・ワトソン”なんですよね。つまり「シャーロック・ホームズという人のことを紹介しているジョン・ワトソン」が位置的には主人公みたいなものです。

もちろんご存知の通り、シャーロックの天才的な推理に則って進むドラマですので、彼がいなくては成り立ちませんが、ジョン・ワトソンもいないと成り立たない物語、それが「シャーロック・ホームズ」なんですね。

ちなみにハドソンさんはいなくても成り立ちますね。

シャーロックの唯一の親友であり、彼が命を惜しまず助ける人物がこのジョン・ワトソン。過去に抱えた戦争のトラウマを抱えつつも、冒険と幸せへの探求心を忘れないジョンは、とても人間味あふれる存在です。

いつもシャーロックの後ろにいるのでどうしても「サブキャラ」の様な位置付けになりそうになりますが、それを打ち消してるのがジョン役の”マーティン・フリーマン”でしょう。

怒るシーンも泣くシーンも、全て視聴者を釘付けにする演技力。安易な言葉ですが、「最高」です。

役者名マーティン・フリーマン

1位:シャーロック・ホームズ

© BBC

非常につまらないランキング結果だったとお思いの方、わかります。主人公がベストキャラクター、そりゃそうだろって声が聞こえてきそうです。

シャーロック・ホームズ…天才だけど変わり者。社会不適合者だけど憎めない。そんな濃いキャラで愛すべきキャラですが、よく考えてみると、実際にそばにいたらかなり疲れることは容易に想像できます。

空気は読まないし、コチラの隠していたいこともわかってしまう…そしてドラッグ中毒。

かなりイライラしそうですし、現にそのイライラしているジョン・ワトソンを我々はよく知っているわけで…そんなイライラさせるキャラが主人公であるにもかかわらず、なぜ我々はこのドラマをずっと見てしまうのか?

…いや、それが答えでしょう。そんな彼だから見たくなるのです。

なんといっても演じるベネディクト・カンバーバッチの恐ろしいまでのハマり様。様々な映画やドラマでシャーロック・ホームズ役を演じてきた俳優さんは多いですが、彼は間違いなく3本の指に入るはずです。

今後シャーロック・ホームズを演じる俳優さんで、よりホームズに近づける俳優さんは出てくるのでしょうか?

役者名ベネディクト・カンバーバッチ

まとめ

私のランキングをご紹介しました。順位をまとめると以下の様になります。

  1. シャーロック・ホームズ
  2. ジョン・ワトソン
  3. ハドソンさん
  4. ジム・モリアーティ
  5. マイクロフト・ホームズ
  6. レストレード警部
  7. モリー・フーパー

まさかのハドソンさんが第3位という自分でもびっくりのランキングですが、それほどベイカー街221Bでの会話や雰囲気が良かったんだな、と思います。

なお気になる方は、別の記事で「評価の高いシャーロックのベストエピソード」をランキング形式でご紹介しています。是非ご覧ください。

【ベスト10】海外ドラマ版シャーロック|評価の高いエピソードランク海外ドラマにハマり続けて20年以上。そんな私がBBCの海外ドラマ「Sherlock/シャーロック」のベストエピソードを評価順でご紹介。世界中のファンから最も評価を受けたのはどのエピソードなのかを知ることができます。...