ドラマ情報

【多分あなたも知らない】glee/グリー|トリビア10選!キャストの裏話も?

こんな人は読む価値あり🤗

  • 海外ドラマ「glee/グリー」の大ファン
  • ドラマの裏側を知りたい

結局同じドラマばかりを見てしまう私、デラ(@DeraDrama)です。

歌やダンスのパフォーマンスが特徴的なミュージック・コメディ・ドラマ、グリー。アメリカ本土はもちろん、日本も含め世界でヒットし多くの人を魅了したドラマでしたが、やっぱり気になるのはドラマ以外の部分。

ドラマ終了から数年たっていますが、それでも興味を持っている方も多いはず。私もそんな中の一員であります。ということで今回まとめてみました。

海外ドラマ「glee/グリー」の多分みんなが知らないトリビアを厳選して10つご紹介します!

きっと知らない10のトリビア

1番若いキャストは…カート!

© Fox Network

みな高校生の役を演じていましたが、実際の年齢が一番若かった高校生キャストはカートを演じた”クリス・コルファー”。ドラマが放送された当時、彼はまだ19歳でした。

確かにそういわれてみると、シーズン1のカートを見ると周りのメンバーよりも幼く見えます。

ちなみに生徒の中で実年齢が一番年上だったのは当時27歳のフィン役の”コリー・モンティス”とマイク役の”ハリー・シャム・ジュニア”でした。

アーティとティナはルームメイト

© Fox Network

ドラマの中ではくっついたり離れたり、最終的には恋人同士になったアーティとティナ。この2人はドラマ外でも仲がよく、ドラマの撮影中もルームメイトでした。

当時は2人がホストとなってホームパーティなどもやっていたそうです。

2人は今でも仲がよく、”SHOWMANCE”というポッドキャストをやっています。

ブリトニーはただのバックダンサーだった!

Photo by Tommy Garcia/FOX

ダンスが上手でちょっとおバカなんだけど超天才という色々盛り込まれたキャラクター、ブリトニー。実は最初ブリトニーはダンスを教えるための人として参加していて、バックダンサーの1人だったのだとか。確かに最初からかなり上手でした。

しかしその後キャラに人気が出てシーズン2からはメインキャストの1人に。ブリトニーいなかったらどうなっていたのか、と思えるぐらい重要なキャラになっていましたね。

カートの役は元々なかった!

Photo by Tommy Garcia/FOX

カート・ハメルを演じたクリス・コルファーによると、彼がglee/グリーのオーディションを受けた際、まだ”カート”というキャラは存在していなかったそうです。彼は元々”アーティ”の役でオーディションを受けましたが、クリスを見たディレクターが新しいキャラ”カート”を創り、見事選ばれました。

ということはあのカートとブレインの恋物語なども、クリス・コルファーがいなかったら存在しなかったのかも…そう考えるとディレクター、非常にナイスな仕事をしてくれましたね。

最後のキャストに選ばれたのはクイン!

© Fox Network

次第にキャラが決まっていき、その中で一番最後に決まったのがクイン役の”ディアナ・アグロン”。決まったのがかなりギリギリだったようで、なんとドラマの初回を撮る日の2日前だったとか!

クインはみんなが憧れるカワイイさでありながら、高校生で妊娠、出産という濃いキャラの1人。ここでも”ディアナ・アグロン”に決めてくれた制作陣にナイスと伝えたいですね。

40億円!

@Amazon.com

ドラマの人気が高かったために、2010年から全国ツアーを行ったグリーのメインキャスト。主要な都市はほぼ完売となり、そのツアーでの売り上げが何と4000万ドル(約4,000,000,000円!)になったのだとか!

さらにそのツアーを収録したDVDも販売。そしてグリーはCDやDVDも多数出しています。もちろんそれらの売り上げはまた別。結果としてどんだけ稼いだのでしょうか…

ダレン・クリスは復活したキャストだった!

Photo by Tommy Garcia/FOX

ダルトン・アカデミーのグリークラブ「ウォーブラーズ」のリードシンガーで、カートの恋人となるブレインを演じた”ダレン・クリス”。彼は最初フィン役でオーディションを受けたが、落ちてしまいました。

しかしディレクター陣は彼の存在を覚えており、ブレインが登場する際に彼を復活させたのだとか。

もしオーディションの結果で、カートがアーティ役、ブレインがフィン役だったら…全く想像できないですね!なんとなく売れなかったであろうと思ってしまいます。

パフォーマンスは700以上!

© Fox Network

グリーはシーズン6まで公開され、エピソード数は121話。その中で歌われたパフォーマンスは何と700以上!同じ曲もあるため、曲数で言うとまた異なりますが、何とも膨大な数のパフォーマンスです。

ちなみにソロが1番多かったのはレイチェル、2位はブレイン、3位はメルセデスという順番です。

キャスト同士の結婚!

© Fox Network

シーズン4から登場したマーリー役の”メリッサ・ブノア”とライダー役の”ブレイク・ジェンナー”。彼らはglee/グリー で出会い、結婚しました。ドラマの中では結局結ばれることがなかった2人ですが、実生活では見事結ばれました。

…が、その後離婚。ブレイク・ジェンナーがメリッサ・ブノアに対し暴力をふるったと認めています。離婚も納得です。

メリッサ・ブノアはその後ドラマ「SUPERGIRL/スーパーガール」で共演したクリス・ウッドと再婚した。

シーズン4からクインが去った理由

© Fox Network

高校卒業後(シーズン3)、イエール大学に進学することになったクイン。その後しばらく登場しませんでしたが、その理由はクイン役の”ディアナ・アグロン”がドラマから抜けたいと交渉したのだとか。

その理由として、彼女はその時の状況に楽しめていなかったのだとか。

それがプライベートのものなのかキャリア的なものなのかは知る由もないですが、あの大人気ドラマを自ら降りたいなんて…


まとめ

いかがでしたか?知らなかったトリビアはありましたか?

個人的に気になったのはやっぱり「ダレン・クリスがオーディションに落ちてキャストに入っていなかった」ということ。皆さん大好きであろうカートとブレイン(クレイン)の恋愛が見れなかったかもしれないなんて…シーズン2でダレン・クリスを復活させた制作陣にアッパレを贈りたい気持ちです。

また、クイン役の”ディアナ・アグロン”が自分からドラマを降板したい、というのも気になります…何か不満でもあったのでしょうか。でも最終的には戻ってきてくれてパックと結ばれましたからね。やっぱり彼女にもアッパレを贈らせていただきたい。

というか関係者全員に贈らせていただきたい。そんな気持ちです。