ドラマ

『アンブレラアカデミー』ベンの能力?コミックとの違いや死因は?

海外ドラマ “アンブレラ・アカデミー”に登場するキャラクター「ベン(6号)」についてまとめました。

デラ(@DeraDrama)です。

ネットフリックスで見ることができるヒーロードラマ「アンブレラ・アカデミー」。原作はヒーローコミック。

ベンはアンブレラ・アカデミーの一員で、兄弟の中では6番目!

今回はベン(6号)の能力やキャスト。さらにコミック版との違いや死因を紹介します。

ベンって誰?

© 2018 Netflix

大富豪ハーグリーヴス卿に引き取られた子供7人のうちの一人。

アンブレラ・アカデミーの一員として育てられる。

7人の中では五男、順番的には「6号」と呼ばれる。

なお、兄妹の中で唯一すでに亡くなってしまっている。

キャストは?

ベンを演じるのは”ジャスティン・H・ミン”。

アメリカ出身の俳優で、1990年生まれの30歳(2020年現在)。

なお俳優兼、カメラマンでもある。

俳優のキャリアを開始したのは2012年からで、彼にとってこのアンブレラアカデミーが最も有名な役。

性格や特徴は?

あまり自分を主張するタイプではなく、引っ込み思案。

自分の性格とは反対に凶暴すぎる能力のためか、自分の能力を使うことを躊躇うことも。

また食事中に本を読むなど、他の兄妹とは少し違った個性も持つ。

現在はクラウスとのみコミュニケーションが取れるので、クラウスに対してドラッグを止めるように本気で諭すなど、真面目な面も。

能力は?

© 2018 Netflix

体の中から不気味な触手を召喚し攻撃する能力。

正確な情報はないが、あの生き物は別の次元から召喚してきたもの、という話も。

触手で大の大人でも軽々持ち上げ、体を半分に引きちぎるほどの力を持つ。

なお本数は4本。

他のキャラの関係性は?

既に亡くなっているため、コミュニケーションを取れるのはクラウスだけ。

そのクラウスに対しては、ドラック使わせないように諭すなど、仲の良い兄弟として大切に思っている。

しかし他の兄弟たちと仲が悪いということはない。

むしろヴァーニャの書いた本の中で、『ベンが死んだ後、兄弟を繋ぐものがなくなった』と言っていることから、普通に兄弟として仲が良かったと推測できる。


コミックとの違いは?死因は?

© Dark Horse Comics

違いとして一番大きいのは「ベンの存在」である。

コミック版ではベンというキャラに対する存在感がほとんどない。つまり重要なキャラとして描かれていない。

能力は同じで、その不気味さから”The Horror”とも呼ばれる。ちなみにHorrorとは「恐怖」という意味。

死因に関しては、実は何もまだわかっていない。

そしてこれは、コミックの方でさえも明らかになっていない。

ただファイブが未来から帰ってきた後にヴァーニャにベンの死因について”Was it bad ?”と聞いています。そしてそれに対して、ヴァーニャはうなずきます。

このことから「良い死に方はしなかった」と推測できます。

『アンブレラアカデミー』ヴァーニャの能力?コミックとの違いは?海外ドラマ "アンブレラ・アカデミー”に登場するキャラクター「ヴァーニャ(7号)」についてまとめました。 デラ(@DeraDram...